homepage > men's summer 2018 fashion show

men's summer 2018 presentation

アニエスベーはブランド創立当初からその時の気分によってシーズンごとにデザインを手直しします。2018春夏コレクションも同様です。今季は原色を使い、シンプルなスマートカジュアルスタイルを提案しています。シンプルなものから大胆なデザインや素材、柄まで、全てが彼女の豊かな世界の中で絶妙に混在しています。


アンドレ・ヴィリエやピカソについての本に目を通しているうちに、画家のワードローブと自身のデザインが不思議と似ていることに気づいたアニエスベーは、2018年春夏メンズコレクションの起点をここにしようと決めました。透かし織のステッチやポプリンのボクサーショーツ、画家にとって不可欠なポケットが縫い付けられた着心地のよいワークシャツ。チャイナブルー、白、ベージュ、黒のワイドでゆったりした形に表現されています。

homme été 2018

© 写真:アンドレ・ヴィリエ

アニエスベーは、自身にとっても身近なこのシンプルさのほかにも、フレンチスタイルの気品を再定義する手がかりになる写真も見つけました。1936年夏にノルマンディーで彼女の父親が撮ったセピア色の写真です。カジュアルに着こなした軽いリネンスーツ、ジャカード織、千鳥格子モチーフ、ダブルのジャケット、セーター、学生風ジャケットなどのアイテムは、当時のファッションアイコンとして登場しました。ヨットクルージングや海辺のランチなど、エレガントな家族の夏の楽しさ溢れる雰囲気はスクープネックやスクエアネックのデザイン、ポロシャツ、ボーダーTシャツ、ヨットのフォトプリント地などのテーマのインスピレーションソースなりました。

homme été 2018

1936年夏

コレクションにはストリートアートも顕在で、ジャケットの背やスーツ全体にジョンワンのデザインが施されています。同様にアブデルカデル・ベンチャマがデザインしたデジタルプリントやアニエスベー自身が撮った写真も。2018年春夏メンズコレクションには、アーティストTシャツやジャージ、様々な形のワークウェア、Tシャツ、ポロシャツなどがコレクションに巧みにミックスされています。

looks

homme été 2018



homme été 2018



homme été 2018
agnès b. tampon