earth b-news b extern-shop bag menu-separator account mail menu search drawed-ironic-point_1 arrow-right contact drawed-b drawed-heart drawed-lightning drawed-lizard drawed-message-happy reassurance-delivery reassurance-qa reassurance-returns reassurance-secure-payment facebook hashtag instagram long-arrow-right star twitter arrow-down arrow-event arrow-social cross

お客さまの利便性向上と当サイトのサービス向上のため、独自および第三者のクッキー (Cookie) を使用し、サイトの閲覧状況を分析しています。閲覧を続ける場合、お客さまがその使用を承諾したとみなされます。 なお、詳細につきましてはこちらよりご覧いただけます。

Agnès b.

0 検索結果

閉じる
戻る
映画

Hommage à Jean-Loup Dabadie

2020年11月28日・29日
シェアする

3人のフランス女性
〜ジャン=ルー・ダバディ追悼〜

アニエスベーがサポートする科学探査船・タラ号の普及などで、アニエスベーをサポートしているジャーナリストでタレントのFLORENT DABADIE(フローラン・ダバディ)氏の父、JEAN LOUP DABADIE(ジャン=ルー・ダバディ)氏が今年5月に惜しまれながらもこの世を去りました。

フランスの脚本家、作詞家、作家、劇作家など、多才なアーティストとして活躍されたジャン=ルー・ダバディの名は、70年代に彼が脚本を手がけた映画で知られてきました。
クロード・ソーテ監督の『すぎ去りし日の…』(1970年)、『夕なぎ』(1972年)、フランソワ・トリュフォー監督の『私のように美しい娘』(1972年)、そしてジャン=ポール・ラプノー監督の『うず潮』(1975年)やイヴ・ロベール監督の数々のコメディまで。

この偉大なアーティストを追悼すべく彼が脚本を手がけた3本の作品『平手打ち』、『夕なぎ』、『うず潮』の上映会を、2020年11月28日(土)・29日(日)、アンスティテュ・フランセ東京にて開催します。
イザベル・アジャーニ、ロミー・シュナイダー、カトリーヌ・ドヌーヴらが主演しているこれら3本は自由な生き方を求める70年代の女性の姿を描いています。

PRESENT

この映画祭のペアチケットを抽選で2組(合計4名様)にプレゼントいたします。
ご希望の方は下記応募フォームよりご連絡ください。
※応募受付は2020年11月18日(水)までとなります。
※当選結果の発表は、チケットの発送をもって代えさせていただきます。

11月28日(土) 17:00上映
CESAR ET ROSALIE『夕なぎ』

フランス=イタリア=ドイツ/ 1972年 / 110分 / カラー/ 日本語字幕付き
監督:クロード・ソーテ
出演:イヴ・モルタン、ロミー・シュナイダー

「ロザリー(ロミー・シュナイダー)は自由な女性だが、太陽のように明るく、エゴイストではない。『突然炎のごとく』とは異なる。ロザリーは彼女の愛の力によって、愛を周囲に散りばめるのだ」(ジャン=ルー・ダバディ)

11月28日(土) 14:00上映
LA GIFLE『平手打ち』

フランス=イタリア/ 1974年 / 100分 / DVD / カラー/ 日本語字幕付き
監督:クロード・ピノトー
出演:イザベル・アジャーニ、リノ・ヴァンチュラ

「私はコメディ・フランセーズの『オンディーヌ』の舞台でイザベル・アジャーニを見て、恋に落ちてしまった、それもフランス映画の輝かしきスターが生まれたと実感した」(ジャン=ルー・ダバディ)

11月29日(日) 17:00上映
LE SAUVEGE『うず潮』

フランス/ 1975年 / 106分 / カラー / デジタル/ 日本語字幕付き
監督:ジャン=ポール・ラブノー
出演:イヴ・モルタン、カトリーヌ・ドヌーヴ

「ネリー(カトリーヌ・ドヌーヴ)は劇中ずっと幸福を追っている、まさに小さな娘が風船を追うように。男は水、女は火、まさに情熱そのものなのだ。」(ジャン=ルー・ダバディ)

11月29日(日) 14:30 入場無料
CONFERENCE 講演会
「ジャン=ルー・ダバディの70年代の映画と日本の現代社会との間の対比:女性たちの解放」
講演者:レジス・アルノ(「ル・フィガロ」日本特派員)
司会:フローラン・ダバディ

料金:一般 1,200円 / 学生 800円 / 会員 500円
チケットはPeatix (https://ifjtokyo.peatix.com/#)にて発売。窓口販売はございませんのでご注意ください。
問い合わせ先:アンスティテュ・フランセ東京 (03- 5206-2500)


シェアする

オススメの記事

アート agnès b. galerie boutique agnès b. SHIBUYA

Omar Victor Diop "DIASPORA" and "MASU MASU MASUGATA"

2020年10月23日〜12月4日
アニエスベー ギャラリー ブティックでは、セネガル出身のアーティスト Omar Victor Diop(オマー・ヴィクター・ディオプ)のセルフポートレートシリーズ“DIASPORA”を展示します。また同時にアニエスベー渋谷店では、今年9月の“KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭”にて京都の出町枡形商店街で初出展したポートレートシリーズ“MASU MASU MASUGATA”を展示します。都内2拠点で開催する二つの展示を巡りながら、ディオプの世界観感を堪能できる貴重な機会となります。
コレクション 映画
campaign

LISTEN

2020年9月16日〜10月20日
アニエスベーの「⾳楽」に対するエッセンスが印象的な2020年秋冬コレクション。9月のテーマは"LISTEN ~la cinematographie~"。新旧の名作に造詣の深いアニエスベーがこよなく愛し、私たちの内なる世界を豊かにしてくれる「映画」にインスパイアされたルックスを豊富なラインアップで展開します。