earth b-news b extern-shop bag menu-separator account mail menu search drawed-ironic-point_1 arrow-right contact drawed-b drawed-heart drawed-lightning drawed-lizard drawed-message-happy reassurance-delivery reassurance-qa reassurance-returns reassurance-secure-payment facebook hashtag instagram long-arrow-right star twitter arrow-down arrow-event arrow-social cross

お客さまの利便性向上と当サイトのサービス向上のため、独自および第三者のクッキー (Cookie) を使用し、サイトの閲覧状況を分析しています。閲覧を続ける場合、お客さまがその使用を承諾したとみなされます。 なお、詳細につきましてはこちらよりご覧いただけます。

Agnès b.

0 検索結果

閉じる
戻る
アート agnès b. galerie boutique agnès b. SHIBUYA

Omar Victor Diop “DIASPORA” and “MASU MASU MASUGATA”

2020年10月23日〜12月4日
シェアする

アニエスベー ギャラリー ブティックでは、10月23日(金) – 11月15日(日)まで、セネガル出身のアーティスト Omar Victor Diop(オマー・ヴィクター・ディオプ)のセルフポートレートシリーズ“DIASPORA”を展示します。また本期間に合わせて、今年9月の“KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭”にて、京都の出町枡形商店街で初出展したポートレートシリーズ“MASU MASU MASUGATA”の展示をアニエスベー渋谷店で同時に展示します。(渋谷店の展示は12月4日(金)まで延長となりました。)
都内2拠点で開催する二つの展示を巡りながら、ディオプの世界観感を堪能できる貴重な機会となります。

 

ディオプとアニエスベーは、彼のパリでの展示をきっかけにかねてより交流があり、パリのギャラリー デュ ジュールで行ったマリック・シディベとの展示への参加など様々な形で親交を深めてきました。今年の“KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭”でもアニエスベーがその展示をサポートしています。

“DIASPORA”@agnès b. galerie boutique

ギャラリー ブティックで展示する“DIASPORA”シリーズの「ディアスポラ」とは、元の居住地を離れて生活する人物やコミュニティを意味する言葉です。彼はスペインのマラガに4ヶ月滞在し、異邦人としての立場に直面する一方、15世紀から19世紀に制作されたバロック絵画に注目します。彼はこの時期をそれ以前には生じていなかった、アフリカとその他の世界が目覚しく交り始めた時代と考え、そこから多くのインスピレーションを得ました。

ディオプは、ヨーロッパの著名なアフリカ人の肖像画に、現代の欧州リーグで活躍するアフリカ系のサッカー選手たちが故郷を離れて栄光と名声の生活を送る一方で、”他者”として生きることへの苦難のパラドックスを重ね合わせました。さらに、当時ヨーロッパで生活していた自身をアイコンとして重ねてセルフポートレートを撮影し、内包する”語り手”であり”登場人物”であることの相反する二重性を掘り下げ、あまり語られることのなかったアフリカ系の人々のアフリカ以外での物語を表現し、異邦人(=移民)に対する非難と議論、その歴史についての考え方を再構成します。

【Omar Victor Diop “DIASPORA”】

会期:2020年10月23日(金) – 11月15日(日)
会場:アニエスベー ギャラリー ブティック
営業時間:13:30 – 18:30 (月・休)

※DIASPORAシリーズを展示・販売します。

“MASU MASU MASUGATA”@agnès b. SHIBUYA

渋谷店で展示される“MASU MASU MASUGATA”シリーズは、2019年に1か月弱滞在した京都の出町枡形商店街で、商店街で働く店主と商品などを取材しコラージュしたポートレート作品です。歴史的な遺産や高齢者・先祖へ敬意をテーマにした作品の多いディオプにとって、職人の技術に対しても深い思い入れを持っていることは当然のことであり、その中で商店街の人々との対話を通し制作された作品が、今回の展示のためにリプリントされます。

今回の『MASU MASU MASUGATA展』はKYOTOGRAPHIEの制作により実現しました。

【Omar Victor Diop “MASU MASU MASUGATA”】

会期:2020年10月23日(金) – 12月4日(金)
会場:アニエスベー 渋谷店 3F
営業時間:11:00 – 20:00

※MASU MASU MASUGATAシリーズは非売品となります。

Omar Victor Diop (オマー・ヴィクター・ディオプ)

1980年セネガルの首都ダカール生まれ。活動当初より、オマーは現代のアフリカ社会とライフスタイルの多様性を本質的に捉える手段として、写真とデザインに特化した作品を制作。2011年にマリのバマコで開催されたバマコ写真ビエンナーレ(アフリカ)のパン・アフリカン展で取り上げられ、自身初のコンセプチュアルプロジェクトである「Fashion 2112, le Futur du Beau」の成功により、2012年、彼は写真に表現の主軸を置くようになった。現在ダカール在住。美術、ファッション写真、広告写真など幅広い分野で活動し、自らの写真を衣装デザイン、スタイリング、創造的な執筆などの他の芸術形態と融合する表現を得意とする。アニエスベー Fall/Winter 2015-2016のランウェイにも登場。

【agnès b.  galerie boutique | アニエスベー ギャラリー ブティック】

営業時間:ギャラリーブティック 13:30-18:30(月曜休廊) / 青山店B1F 11:00-20:00
住所:東京都港区南青山5-7-25 ラ・フルール南青山2F
電話:03-3406-6010
Instagram: @agnesb_galerie_boutique


シェアする

オススメの記事

agnès b. galerie boutique ポワンディロニー アート

Story of the Point d'Ironie

2021年3月19日〜5月20日
アニエスベーが発行し世界中で無償配布されているアート紙“ポワンディロニー”をテーマにした展示“Story of the Point d’Ironie / ポワンディロニーの全て”を開催します。ポワンディロニーのバックナンバーの配布も行います。また、アートブックやポスターがアウトレット価格でご購入頂けるブックフェアも同時開催!
agnès b. galerie boutique フォトグラフィ

agnès b. 5 days in Moscow in 1987

2021年1月15日〜3月14日
アニエスベー ギャラリー ブティックで、アニエスベーが1987年に旧ソビエト連邦の首都モスクワへ赴いた際に撮影した100点以上の作品を国内初公開する写真展 “5 days in Moscow in 1987”を開催します。