earth b-news b extern-shop bag menu-separator account mail menu search drawed-ironic-point_1 arrow-right contact drawed-b drawed-heart drawed-lightning drawed-lizard drawed-message-happy reassurance-delivery reassurance-qa reassurance-returns reassurance-secure-payment facebook hashtag instagram long-arrow-right star twitter arrow-down arrow-event arrow-social cross

お客さまの利便性向上と当サイトのサービス向上のため、独自および第三者のクッキー (Cookie) を使用し、サイトの閲覧状況を分析しています。閲覧を続ける場合、お客さまがその使用を承諾したとみなされます。 なお、詳細につきましてはこちらよりご覧いただけます。

Agnès b.

0 検索結果

閉じる

チャリティー

アニエスべーは物事を改善し、悲劇を防ぐためには、一人ひとりがイニシアチブを取ることが大切だと信じています。アニエスベーでは様々な社会的・人道的活動を行う団体や組織(心のレストラン、国境なきハンディキャップ、アクトアップ – エイズ解放連合、アベ・ピエール財団、世界の医師団、国境なき医師団、他多数)をサポートとしています。

またアニエスベーショップでは、全ての収益をチャリティー団体に寄付するチャリティ商品が販売されています。それらの中には、何年間も継続的に販売されている商品と、特定の目的で一定期間のサポートを行うための商品とがあります。これらの商品は、アニエスベー社の信念を伝え、顧客に対して行動を起こすように提案する手段でもあるのです。

さらに表示

アニエス・トゥルブレ寄付基金

2009年に設立されたアニエス・トゥルブレ寄付基金の目的は、社会的不公正や環境保護に立ち向かう誠意を行動で示すこと、そして忘れてはならないのが、文化と創作への恒久的な投資のためです。 アニエスベーは自分が大切だと思うことに関して関連商品やチャリティーアイテムを作り、アニエスベーショップで販売します。

そして、お客様にもそれを購入することで行動を起こす一員になれると勧めています。季節に応じてコットンやウール素材で販売される赤いマフラーは1988年から続き、その収益はエイズ患者を受け入れる組織や病院に寄付されています。1993年からは「ご自由にお取りください」という言葉を添えて、アニエスベーショップでコンドームが配布されるようになりました。2016年には地中海での難民を救う団体、SOS Méditerranée (SOS地中海) をサポートするためにスカーフを作り、その販売利益を寄付しています。

HIV/AIDSとの闘い

アニエスベーは25年以上にわたりHIV/AIDSとの闘いに関わってきました。季節に応じてコットンやウール素材で販売される赤いマフラーは1988年から続き、その収益はエイズ患者を受け入れる組織や病院に寄付されてます。 1993年からは「ご自由にお取りください」という言葉を添えて、アニエスベーショップでコンドームが配布されるようになりました。

こうして毎年およそ6万個のコンドームが無料で配布されています。 「Grande Braderie de la Mode (エイズ基金のためのチャリティーブランドセール)」の生みの親であるアニエスベーは、当初からこのイベントに参加しています。このイベントは年に2回開催され、AIDSウィルスとの闘いに賛同するファッション・デザイン各業界のクリエーターが動員されます。AIDES協会の活動に役立つように、週末には、多くのファッションデザイナーの洋服が手頃な価格で販売されます。

アベ・ピエール財団

ラジオで耳にしたピエール神父の呼びかけに、わずか14歳の時に心を打たれたアニエスベーは、60年代に雑誌エルにインタビューしたい人物は誰かと聞かれ、即座に彼の名前を挙げました。この出会い以来、アニエスベーは途絶えることなく、ピエール神父の活動をサポートしています。エマウスで販売するために洋服を寄付したり、アフリカでアベ・ピエール財団の活動資金を得るためにTシャツを制作した他、2006年には神父の依頼を受け、財団の後見メンバーになった際に個人的な寄付も行いました。貧しい人たちに無償で住居を支援するという神父の戦いをボランディアでサポートする人々のグループに加わるということはアニエスベーにとって名誉なことなのです。

2012年にアニエスベーは、ジョンワンが描いたピエール神父のポートレートと1954年冬のスローガンをプリントしたTシャツ (収益は全てアベ・ピエール財団へ寄付) を発売。また一方で、カナル・プリュスチャンネルのニュース番組のアベ・ピエール財団特集にて、アニエスベーのサポートを受けて、資金を集めるため、エリック・カントナのロールスロイスを、ジョンワンが生中継中にスタジオでカスタマイズし、1月に行われたアートキュリアルのオークションで12万5千ユーロにてフランス人コレクターにより落札されました!2013年、アニエスベー財団はアベ・ピエール財団にフランス中央部に家を建てるために寄付を行い、ホームレスのための住居モデルの試験的なプロジェクトを作り出しました。

SOS地中海協会:SECOURS AUX MIGRANTS(難民救済)

アニエスベーは、スカーフを作ってその販売収益を寄付することにより欧州地中海のレスキュー団体、SOS地中海を支援しています。2000年以来、3万人以上がヨーロッパの海岸線にたどり着こうとして地中海で亡くなっています。リビアとイタリアの間の海は、現在世界で最も命がけの移動ルートです。この悲劇を踏まえて、2015年にヨーロッパの市民社会が結集して、ヨーロッパの地中海レスキュー協会であるSOS地中海を結成しました。