earth b-news b extern-shop bag menu-separator account mail menu search drawed-ironic-point_1 arrow-right contact drawed-b drawed-heart drawed-lightning drawed-lizard drawed-message-happy reassurance-delivery reassurance-qa reassurance-returns reassurance-secure-payment facebook hashtag instagram long-arrow-right star twitter arrow-down arrow-event arrow-social cross

お客さまの利便性向上と当サイトのサービス向上のため、独自および第三者のクッキー (Cookie) を使用し、サイトの閲覧状況を分析しています。閲覧を続ける場合、お客さまがその使用を承諾したとみなされます。 なお、詳細につきましてはこちらよりご覧いただけます。

Agnès b.

0 検索結果

閉じる

アニエスベーの世界

アニエスベーは単なる洋服ブランドではありません。アニエスベーが作り上げる世界は壮大です!設立当初よりショップに映画のポスターを掲示したり、お気に入りの音楽を流したりすることで、ユニークでアーティスティックな空間を創り出してきました。

今では、自身の現代アートギャラリーであるパリの「ギャラリー デュ ジュール」やニューヨークの「ハワード ストリート ギャラリー ショップ」、アートフリーペーパー『ポワンディロニー』、私有のアートコレクションなどを通して、アニエスベーのセンスや文化的影響が多岐に及んでいることを感じることができます。

さらに表示

ギャラリー デュ ジュール

アニエスベーは1984年11月にレ・アール地区のジュール通りで、かつて肉屋だった場所にショップを兼ねたギャラリーをオープン。その後ギャラリーは1998年に、ポンピドゥーセンターの裏手のカンカンポワ通り44番地のより広いスペースに移転しました。そして現在ギャラリーは再び閉館され、2019年にアニエスベー財団内にて再オープンする予定です。お楽しみに!

「私は自分が大好きなものを皆に見てもらえる場所にしたくてギャラリーを作りました。ギャラリーと呼んでいますが、物事の色々な側面を見せるための場所、といえるのではないかしら。イメージを拡散する新しい方法を考え出して、皆がそれにアクセスできるようにしたいと思っています。」アニエスベー

ポワンディロニー

『ポワンディロニー』は、1997年にアニエスベーとクリスチャン・ボルタンスキーとハンス=ウリッヒ・オブリストの間で交わされた話し合いをきっかけに生まれました。各号でゲストアーティストが紙面を使って自由に作品を展開し、1年間に数号が不定期に発行されます。おそよ10万部が世界中の美術館やギャラリー、本屋、学校、映画館、アニエスベーショップにて無料で配布されています。ポワンディロニーマークは、句読点の一種で、19世紀の終わりにフランス人作家のアルカンテール・ド・ブラームによって提唱されました。皮肉めいた内容を指し示すために、フレーズの最後に使われます。

映画

映画は音楽と同様にアニエスベーのスピリットの1つです。ショップでまず目に入るのはおそらく映画のポスターでしょう!ポスターは早期からアニエスベーの店頭装飾として使われており、アニエスベーが所有するオリジナル映画ポスターのコレクションには定評があります。 それはいつも直感的にデザイナーのインスピレーション源となっているのです。

音楽

「音楽大好き!」はTシャツにプリントされた単なるキャッチコピーではありません。アニエスベーにとっては現実的なポリシーであり、公約なのです。アニエスベーはアーティストたちへの衣装提供だけでなく、インディーズレーベルや、音楽フェスティバルのサポートも行っています。アニエスベーショップ内のBGMや試聴機の厳選されたプレイリストでは、音楽ファンや顧客に新しい音楽やインディペンデントなレーベルを紹介し、アニエスベーのユニークで革新的な音楽的なアイデンティティを作り出しています。

ハワードストリートNY

ショップであり、ギャラリーでもある新たなスペースがニューヨークに誕生! そこは、アートに満ちた空間でありながら店舗なのです。メンズ、レディースのコレクションに、バッグ、アクセサリー、そしてこのスペースのために特別にデザインされたアーティストTシャツコレクション。このギャラリー ショップでは、現代アートの展示を積極的に行っています。明日のトレンドを生み出す多くのアートギャラリーが立ち並ぶこのソーホー地区で、アニエスベーはブランドの世界観を表現してくれると感じるアーティストたちを自身で選び、紹介することにしたのです。

アニエスベーのアートコレクション

ギャラリーのオーナーであるアニエスベーはアートコレクターでもあります。何年もかけて現代アートの膨大なコレクションを作り上げてきたアニエスベーは、2004年にフランスのトゥールーズにあるレザバトワールにて初めてのアートコレクション展を行いました。それ以前にも、アニエスベーの豊富な写真コレクションは、2000年にパリにあるフランス国立写真センターで、また2002年にフランスのノジャン=シュル=マルヌにあるアートパビリオンにて展示されました。
さらに、アニエスべーのアートコレクションブック『Collection agnès b. 』がJRP/Ringier社から発刊されるのに合わせて2008年10月にベルリンの有名な写真美術館C/Oベルリンで、アニエスベーの写真コレクションの展示が開催。アニエスベー財団はアニエスベーのユニークな現代アートのコレクションを保存し、定期的に美術館やギャラリーで一般公開する役割を担っています。