earth b-news b extern-shop bag menu-separator account mail menu search drawed-ironic-point_1 arrow-right contact drawed-b drawed-heart drawed-lightning drawed-lizard drawed-message-happy reassurance-delivery reassurance-qa reassurance-returns reassurance-secure-payment facebook hashtag instagram long-arrow-right star twitter arrow-down arrow-event arrow-social cross

お客さまの利便性向上と当サイトのサービス向上のため、独自および第三者のクッキー (Cookie) を使用し、サイトの閲覧状況を分析しています。閲覧を続ける場合、お客さまがその使用を承諾したとみなされます。 なお、詳細につきましてはこちらよりご覧いただけます。

Agnès b.

0 検索結果

閉じる

映画

アニエスベーにとって映画は音楽と同じくらいとても重要です。彼女の映画への情熱は、映画をサポートするTシャツや映画にまつわる展示、ショップに飾られた映画のポスター、数々の国際的な映画祭のサポートという形で表れています。

映画はまたアニエスベーにとってインスピレーションの源でもあります。モノクロフィルムへの愛情、ヌーヴェルバーグの率直なエレガンス。アニエスベーがデザインするグラフィカルなラインや自身が監督するコレクションフィルムはアニエスベーの映画に対するオマージュなのです。

さらに表示

衣装デザイン

60年代半ば、ウィリアム・クラインはアニエスベーに映画『ポリー・マグー、お前は誰だ』の衣装デザインを依頼しました。「黒と白のボーダーの好み」が一致していたからです。またある時、フランソワ・トリュフォー監督の『日曜日が待ち遠しい!』の中でファニー・アルダンが、アニエスベーのデザインした腕時計をしていることに気が付いて驚いたことも。その後、まだ無名だったクエンティン・タランティーノ監督が『レザボア・ドッグス』のために、アニエスべーのロサンゼルス店の商品を大量に購入。その頃からハーヴェイ・カイテルとの交友関係が始まり、10年後に、ジョン・トラボルタが『パルプ・フィクション』のために革の襟が付いたアニエスべーのジャケットをオーダーしています。ジム・ジャームッシュ監督、ロバート・デ・ニーロ、デヴィッド・リンチ監督とも交友関係を結び、中でもリンチ監督は25年来に渡り、アニエスベーのシャツと細いネクタイと黒いジャケットを愛用しています。アニエスベーはシャツに「コッポラ」や「パゾリーニ」、ジャケットに「スカーレット」、ワンピースに「ヴィッティ」といった名前を付けて、Tシャツにデニス・ホッパー、ジョナス・メカス、ハーモニー・コリンやデヴィッド・リンチの作品をプリントしています。

『わたしの名前は...』

アニエスベーの初の長編映画作品である『わたしの名前は…』は2014年4月23日にフランスで公開されました。このフィクション映画には、ダグラス・ゴードン、ルー=レリア・デュメールリアック、シルヴィー・テステュー、ジャック・ボナフェ、マリー=クリスティーヌ・バロー、ジャン=ピエール・カルフォンらが出演。ヴェネツィア国際映画祭、ニューヨーク映画祭、MoMa、アブダビ映画祭、東京フィルメックス、グラスゴー映画祭、香港国際映画祭などでも上映されました。

あらすじ:
3人きょうだいの長女である11歳の少女の家出を描いたフィクション。母親の不在、父からの虐待、ナイーブであまり現実を理解できない祖母。遠足の日に少女は姿を消し、とあるトラックに乗り込んだ。スコットランド人のトラックドライバーを道連れに展開する素晴らしくも悲劇的なロードムービー。人生にまつわる様々な学び、出会い、「愛はいったいどこに?」。

 

 

「私は偏見に立ち向かう映画を作ることで、判断を急ぎすぎると真実を見誤ることがある、ということを伝えたいと思いました。さらに深刻なのは、罪を取り違えてしまうこと。私はこの旅を「挿話的な」期間として描き、また彼らの間に確かに存在するとても静かで純粋な愛情を描き出したかったのです。もちろんこれは私自身の話ではありませんが、自分が何について語っているのかは分かっています。」アニエスベー

"agnès b. Cinéma !" コレクションDVD

国境を越えてパワフルでユニークで貴重な映画に焦点を当てたいという共通の想いから、2008年、ポトムキンとアニエスベーは共同でアニエスベー シネマDVDコレクションを作りました。両者の専門性と資本力を生かして、古典名作 (マルセル・カミュ、ジャン・スプスタイン、ニキータ・ミハルコフ、アンドレイ・タルコフスキー等)、新進気鋭の作品 (アラン・クラーク、ジョナス・メカス、ニコラス・ローグ、ロイ・アンダーソン、ハーモニー・コリン)、そして話題の新作 (レオス・カラックス、ラース・フォン・トリアー、デヴィッド・リンチ) などのラインナップを揃えています。DVDコレクションは常にメディアから高い評価を受けており、中でもフランスの映画批評組合から『エリック・ロメール全集』 DVD BOX (2013) と『ヴェルナー・ヘルツォーク』 DVD BOX 1~3巻がDVD BOXグランプリを、『ケネス・アンガー マジック・ランタン・サイクル (2015)』 DVD BOXが年間のCuriosity賞を受賞しました。

シネマテーク・フランセーズ

アニエスベーは長年に渡り、パリにあるシネマテーク・フランセーズを支援しており、『シネマテーク・フランセーズの友の会』創設時より参加してきました。2009年にはジャック・タチの展覧会のパートナーとなり、2012年の『もう一つのシネクラブ』の誕生当初から監修役を務め、さらに『Scorsese, The exhibition』 (2015)、 『Gus Van Sant』 (2016)、『Mômes et Cie 』(2017) や『Chris Marker』 (2017)など、シネマテーク・フランセーズによる大規模な展覧会のサポートをしてきました。

サラエボ映画祭 1993年

1996年よりサラエボ映画祭の後見人を務めるアニエスベーは2014年、映画祭20周年の際に映画祭のディレクターであるミルサド・プリヴァトラよりサラエボハート名誉賞を授与されました。この賞のトロフィー『サラエボハート』はカンヌ映画祭のパルム・ドールに匹敵するもので、1993年のサラエボ包囲直後にアニエスベーがデザインしたハートを大きく象ったものです。ハートのピンバッジはアニエスベー全店で販売され、その売上金は当時サラエボ市民の食料や薬を送るために組織された『プルミエール・ユルジャンス』というNGO団体へと寄付されました。現在、アニエスベー財団は『サラエボのハート』コレクションの売上収益を『教育によるボスニア・ヘルツェゴビナの再建』という団体に寄付しています。この団体は、サラエボ包囲の際にサラエボ市の守備を請け負っていたディヴィアック将軍によって設立され、サラエボ戦争によって孤児となったり、障がいを負った子供たちが学校や大学に復学し、教育や余暇の活動に参加できるよう支援を行っています。「私はサラエボに心を捧げました。」シンプルで誠実なハート。アニエスベーはサラエボの街のシンボルとなったこのハートについてこう語っています。

映画へのオマージュ

アニエスベーは映画が大好き!当時カンヌ映画祭のディレクターであったジル・ジャコブに「最高にクリエイティブで、直感力の鋭い生粋の映画愛好家」と評されたアニエスべーは多くの映画祭 (カンヌ映画祭批評家週間、アメリカ映画協会、サラエボ映画祭など) をサポートしています。映画からインスピレーションを受け、映画祭に招待され監修を一任されるという名誉を得ているアニエスベー。ショップの壁に常にコラージュされている映画のポスターは、アニエスベーの映画への愛情を強く表しています。