earth b-news b extern-shop bag menu-separator account mail menu search drawed-ironic-point_1 arrow-right contact drawed-b drawed-heart drawed-lightning drawed-lizard drawed-message-happy reassurance-delivery reassurance-qa reassurance-returns reassurance-secure-payment facebook hashtag instagram long-arrow-right star twitter arrow-down arrow-event arrow-social cross

お客さまの利便性向上と当サイトのサービス向上のため、独自および第三者のクッキー (Cookie) を使用し、サイトの閲覧状況を分析しています。閲覧を続ける場合、お客さまがその使用を承諾したとみなされます。 なお、詳細につきましてはこちらよりご覧いただけます。

Agnès b.

0 検索結果

閉じる

agnès b. RADIO

On aime la musique !

アニエスベーはいつも音楽とともにあります。1976年にパリのジュール通りにオープンした1号店のレコードで流していたボブ・マーリーを、今は新しくローンチしたウェブラジオで聴くことができます。
アニエスベーにとって常に大切な音楽を、ウェブラジオでお楽しみください。

Section 26 pour agnès b. , New playlist

配信日時:7月30日(金) 15:00

毎月、新鮮な楽曲セレクションでお届けしているSection26によるアニエスベーラジオのための8月のプレイリスト。
力強い太陽と雨の合間を、ジェットコースターのように駆け抜けているこの夏。そんな夏を過ごしながら、Section26は「あらゆるスタイルの回り道」をして、生い茂るように豊かで、高揚感に溢れたポップソングを届けてくれます。

Spotify でも配信中!ぜひお聴きください。

 

<8月のプレイリスト>

1‪. Ducks Ltd, 18 Cigarettes (Carpark Records / Royal Mountain Records)
2‪. Cindy, To Be True (Tough Love Records)
3‪. The Black Angels, Don’t Fall Down (Light In The Attic Records)
4‪. Jack Name & Aoife Nessa Frances, Watching the Willows Burn (Mexican Summer)
5‪. Sylvie (Ben Schwab, Sam Burton), Sylvie (via Flexible Distribution)
6‪. Shannon Lay, Awaken and Allow/Geist (Sub Pop)
7‪. Sufjan Stevens, Angelo de Augustine, Reach Out (Asthmatic Kitty Records)
8‪. Hovvdy, True Love (Grand Jury Music)
9‪. Little Simz, I Love You, I Hate You (Age 101/AWAL)
10. 122 North, Drive (Too Good To Be True
11. Saint Etienne, Pond House (Heavenly / PIAS
12. Pearl & The Oysters, Soft Science (feat. Kuo) (Feeltrip Records)
13. Soccer Mommy, Rom Com 2004 (Loma Vista Recordings)
14. Low, Disappearing (Sub Pop)
15. Vaillant, Prince de Perse (Herzfeld)
16. Amen Dunes (with Sleaford Mods), Feel Nothing (Sub Pop)
17. Smoke Bellow, Fee Fee (Trouble In Mind)
18. La Luz, Watching Cartoons (Hardly Art)
19. Frankie Traandruppel, Charade (Ronny Rex)
20. Mozart Estate, Record Store Day (Cherry Red Records)
21.Beige Banquet, Awake (Just Step Sideways / Mangel Records)
22. Launderette, Limelight (Autoproduction)
23. W. H. Lung, Showstopper (Melodic Records)
24. Afflecks Palace, Carpe Diem (Spike Island Records)
25. Bantam Lyons, Pintor (Music From The Masses (FR) /Gezzelig Records (USA)
26. Bryan’s Magic Tears, Sad Toys (Born Bad Records)
27. Snapped Ankles, Forest of Your Problems (The Leaf Label)
28. Caleb Landry Jones, Bogie (Sacred Bones Records)
29. Nolan Potter, Gregorian Chance (Castle Face Records)
30. Marta Del Grandi, Taller Than This Shadow (Fire Records)
31. Gabriel Afathi, However that may be (IN/EX – Grand Bonheur)
32. Le Bâtiment, Beauté m’est interdite   (Autoproduction)
33. Lonely Kid Quentin, Je n’ai plus vingt ans (Potagers natures / Fourgère Musique)
34. Mac McCaughan, Dawn Bends (Merge Records)
35. The Bevis Frond, Little Eden (Fire Records)

Section26 website
◆Instgram: @section26
◆Facebook: @mushroomsection26
◆Twitter: @section26_

Dominique André "Evasion" (SPACE ODDITIES SERIE)

配信日時:7月23日(金) 15:00

フランスの前衛音楽家 Dominique André (ドミニク・アンドレ)の新作「Evasion」が7月23日(金)に、Born Bad Recordsからリリース!アニエスベーラジオでは、発売日の午後3時より全曲配信します。

“ドミニク・アンドレは、パリのジュノ通りにあるメイドの部屋を改造したスタジオアパートにいます。2つのトラックを別々に録音できるレヴォックス社のテープレコーダーの前には、子供用のオルガン、料理用の鍋、ギター、フライパンなど、こすったり、叩いたり、やさしく叩いたりするさまざまな日用品が置かれています。リコーダーの両脇には、アップライトピアノ、映画の効果音のレコードの束、ビニール製のターンテーブルが待機しており、ドミニク・アンドレがポテンショメータを左に回すと、テープの速度が落ち、連続性はその流れを失い、私たちは時間を遡るのです… ”

フランスで録音されたエレクトロミュージックの中でも最も不明瞭と言ってもいい、しかし刺激的でそして美しいレコードです!ぜひお聴きください。

 

◆Instagram:@bornbadrecords
◆Facebook:@bornbadrecords
◆YouTube:@bornbadrecords
Bandcamp website 
Born Bad Records website

 

"History of Melody Nelson"
and "The Melody Nelson Sessions with all alternative takes"

as part of our partnership with Route Du Rock

配信日時:7月16日(金) 15:00

Route Du Rock(ラ・ルート・デュ・ロック)はフランスのサン・マロで行われるオルタナティブミュージックフェスティバル。この一環としてサン・マロで開催される展覧会”La tour Bidouane”では、この夏、セルジュ・ゲンズブールのレコード「Melody Nelson」のカバーのために制作された、フランス人フォトグラファーであるトニー・フランクの写真の展示が行われます。

アニエスベーは、このアルバムジャケットの撮影時の貴重なネガや未使用カットなどの写真資料を集めた写真集「Bleu Melody」を出版したRVB Booksとともに、この展覧会の開催をサポート。そしてアニエスベーラジオでは、7月16日(金) 15:00より、”History of Melody Nelson”(オリジナル・ミックス)と”The Melody Nelson Sessions with all alternative takes”を配信します!

RVB Books発刊の写真集「Bleu Melody」に基づいて展示されるこの展覧会では、コンタクトシート、アルバムカバー、リーディングプリントなどの複製により、この伝説的なジェーン・バーキンのカバー写真の舞台裏が明らかになり、歴史的な側面が浮き彫りになります。

“「Melody Nelson」の表紙の写真は、間違いなく今でも人々に語られる写真です。当時、セルジュにとって重要なレコードであることはわかっていました。しかし、これほどまでに巨大化し、時を超えて世界中を駆け巡ることになるとは思わなかった……” と、写真家トニー・フランクは語っています。

◆Instagram:@laroutedurock / @rvb_books
◆Facebook:@laroutedurock  / @rvbbooks
◆ Twitter:@laroutedurock

The Goon Sax "Mirror II"

配信日時:7月9日(金) 15:00

オーストラリア・ブリスベンのローファイ・インディー・ポップ・トリオ The Goon Sax(ザ・グーン・サックス) の最新アルバム「Mirror II」が7月9日(金)にMatador Recordsよりリリース!アニエスベーラジオでは、発売日の午後3時より全曲配信します。

バンドの3枚目のアルバムとなるこの「Mirror II」は彼らの新たな始まりです。ディスコからフォーク、ノー・ウェーブ・スクロンクまでが驚くほどのまとまりで移動する、音楽的職人技による多次元的かつ折衷的な旅です。

彼らの学生時代の一人称的な語り口は、「語り手が変わり、視点が決定的ではない」没入的で流動的な世界へと進化しました。彼らの超自然的でアヴァンポップなファーストシングル「In The Stone」で見られたような、広さ、普遍性、そして奇妙さがさらに上回った、全10曲になっています。

 

◆Instagram:@thegoonsax
◆Facebook:@TheGoonSax
◆ Twitter:@thegoonsax 
Bandcamp website
The Goon Sax 公式サイト

Section 26 pour agnès b. , New playlist

配信日時:7月2日(金) 15:00

毎月、新鮮な楽曲セレクションでお届けしているSection26によるアニエスベーラジオのための7月のプレイリスト。この初夏にリリースされた新作を豪華に組み合わせています。ポップな曲(Late Runner、Aldous Harding、Mega Bog、Aquaserge、The Umbrellas)から、ピュアなグルーヴィー曲(Mackenzie Leighton、Brainstory)、インディー・アクセラレーション(Wet Leg)やポスト・パンク(Pigeon)、そして新作のLowで締めくくられるノイズ。
贅沢に酔いしれる音楽時間を届けます。

 

<7月のプレイリスト>

  1. Francis Lung, Lonesome No more (Memphis Industries)
  2. Late Runner, A Handfull of Dust (Crunchy Frog Recordings)
  3. Aldous Harding, Old Peel (4AD)
  4. Mega Bog, Weight of the Earth, on Paper (Paradise of Bachelors)
  5. Aquaserge, Un grand sommeil noir (Made To Measure/Crammed Discs)
  6. Akiko Yano, Stars Afar, Light Journey (Victor Entertainment)
  7. Mackenzie Leighton, Florist by Day (Maison Wisteria / Groover Obsessions)
  8. Brainstory, Long Day (Big Crown Records)
  9. Gilb’R feat. Cosmic Neman, Я не хочу знать (Versatile Records)
  10. Dean Blunt, Sketamine (Rough Trade)
  11. Exek, Too Steep A Hill To Climb (Lulu’s Disco Club)
  12. The Catenary Wires, Liminal (Skep Wax Records)
  13. Anytime Cowboy, Bug Bite (Third Coming Records)
  14. Tracy Bryant, Jeremy Katz, Candy Sky (First & Foremost Records)
  15. Alessio Peck, Amore Bipolare (Kwaidan Records)
  16. The Telephone Numbers, Open The Door (Paisley Shirt Records/Meritorio Records)
  17. The Umbrellas, She Buys Herself Flowers (Slumberland Records)
  18. Wet Leg, Chaise Longue (Domino)
  19. Pigeon Adagio, Bad Visions (830/Bis Auf Der Messer)
  20. Pearie Sol, Real Happiness (HHBTM Records)
  21. Indus, La vie au supermarché (Entre-Soi)
  22. Marie Mathématique, Holopherne (Sdz Records)
  23. Lesneu, Est-ce de ma faute (Music From The Masses)
  24. Maria Violenza , Messine (Kakakids Records)
  25. Nightshift, Outta Space (Trouble In Mind)
  26. Don Nino, A Beautiful Cloud (Prohibited Records)
  27. Six Organs of Admittance, All That They Left You (Three Lobed Recordings)
  28. Damon Albarn , The Nearer the Fountain, More Pure the Stream Flows (Transgressive)
  29. Steve Gunn, Other You (Matador Records)
  30. La Luz, In the Country (Hardly Art)
  31. Afflecks Palace, This City Is Burning Alive (Spirit of Spike Island)
  32. Noel Gallagher, Flying On The Ground (Sour Mash Records Ltd)
  33. Low Days Like These (Sub Pop Records)
  34. Alessandro Cortini, Corri (Mute) 

 

Section26 website
◆Instgram: @section26
◆Facebook: @mushroomsection26
◆Twitter: @section26_

Mdou Moctar "Africa Victim"

配信日時:6月25日(金) 15:00

“砂漠のジミ・ヘンドリクス”の異名をとる、今世界で最も注目を集めているギタリストのひとりであるニジェール共和国のMdou Moctar(エムドゥ・モクター)。彼のバンドが、アフリカ・ニジェールの首都・ニアメで行ったコンサートフィルムがYouTubeに公開されました。

 

また先月発売された彼らの最新アルバム「Africa Victim」を6月25日(金)午後3時より、アニエスベーラジオで全曲配信します。

ぜひお聴きください!

◆Facebook:
@mdoumoctarofficial
@MatadorRecords
@BeggarsFrance

◆Instagram:
@mdou_moctar
@matadorrecords
@beggarsfrance

agnès b. "Fête de la Musique" playlist

毎年6月21日=夏至の日は”Fête de la Musique” 、ワールドミュージックデイ(音楽の日)。
1982年にフランスで生まれたこの祭日は、一番長く外で音楽を楽しめる夏至の日に、皆が街中で音楽を聴き、演奏し、楽しみながら夏の訪れを祝う日です。

アニエスベーが今年の”Fête de la Musique”のために制作したプレイリストをSpotifyにて公開します!

ぜひお聴きください。

 

<プレイリスト>

1/ Air – Once upon a time
2/ J.S. Bach Suite for Cello Solo No.6 in D, BWV 1012 – Transcribed for viola – 1. Prélude
3 / Antony & The Johnsons – You Are My Sister
4/ Bernard Herrmann – Vertigo (theme)
5/ Janis Joplin – Mercedes Benz
6/ The animals – House of the Rising Sun
7/ Alain Bashung – Je vous crois
8/ Christopher Stills – 100 Year Thing
9/ The Ventures – Ghost Riders in the Sky
10/ The Yardbirds- For You Love
11/ Bob Dylan – Lay, Lady, Lay
12/ Rode Keith – Somebody Else
13/ Jonathan Richman & the Modern Lovers – Egyptian Reggae
14/ David Bowie – Changes
15/ Nirvana – The man who sold the world
16/ The Velvet Underground – Run Run Run
17/ The Specials – A message To you Rudy
18/ Bob Marley – Get Up Stand UP
19/ The Clash – Police and Thieves
20/ Televison Personalities – Silly Girl
21/ T-Rex – Cosmic Dancer
22/ Roxy Music – Love Is The Drug
23/ The Police – Roxanne
24/ Eleven Pond – Watching Trees
25/ Talking Heads – Who is it ?
26/ LL Cool J – I Need Love

 

LA PLAYLIST DES AMIS! Tan Doan

配信日時:6月18日(金) 15:00

アニエスベーは、アーティストやミュージシャンの友人たちにアニエスベーラジオのためのプレイリストを作ってもらいたいと考えました。
今回はパリで活躍するヘアスタイリストのTan Doanのプレイリストをアニエスべーラジオで配信します。

Spotifyのアカウントでも公開中!
ぜひお聴きください。

◆Instagram:@taan_doan

Michel Legrand "La Piscine + Un Homme est Mort"

配信日時:6月11日(金) 15:00

6月12日(土)はレコード・ストア・デイ!

アニエスベーラジオでは、明日復刻発売される、フランスの作曲家・ミシェル・ルグランの最高のサウンドトラックを発売に先駆けて、本日15時から独占配信!

1969年に公開された、アラン・ドロンとロミー・シュナイダーが出演したフランスのスリラー映画「La Piscine(泳ぐプール)」のために作曲されたミシェル・ルグランのサウンドトラックは、当時日本とフランスでしか発売されず、現在では大変貴重なものとなっています。

印象的なテーマ、洗練されたジャジーなインストゥルメンタルとファンキーなポップソングがクールにミックスされたこの作品。今回の復刻版ではボーナストラックとして、これまでレコード化されていなかった3曲が追加されました。

またすべての曲が新たにリマスターされ、エリック・エイドリアン・リーがデザインした豪華なゲートフォールド・スリーブに収められ、ジェレミー・アレンによる新しいライナーノーツが付いています。またRSD限定ボーナスとして、ルグランが1972年に発表した「Un Homme Est Mort」の超レアなファンキーな7インチ オリジナルサウンドトラックをオリジナル・アートワークで収録しています。

 

◆Facebook:@wewantsounds
◆Instagram:@wewantsounds
◆Twitter:@wewantsounds
wewontsounds 公式サイト
wesontsounds Bandcamp website

Section 26 pour agnès b. , New playlist

配信日時:6月5日(土) 15:00

毎月、新鮮な楽曲セレクションでお届けしているSection26によるアニエスベーラジオのためのプレイリスト。初夏の6月…、ぜひ聴いていただきたい27曲です。

 

<6月のプレイリスト>

  • Tapeworms, Magic Pierrot (Howlin’ Banana Records)
  • Chai, END (Sub Pop)
  • Under 45, Under 45 (Destructure Records)
  • Fake Last Name, Gadfly (Tough Gum)
  • The Goon Sax, In The Stone (Matador / Chapter Music)
  • Едешь, Субординация (Autoprod)
  • FACS, General Public (Trouble In Mind Records)
  • Beach Vacation, Our Night Is Falling (Too Good To Be True)
  • Vundabar, Ringing Bell (Gawk Records)
  • Good Morning TV, Entertainment (Geographie Records)
  • Colleen, Revelation (Thrill Jockey)
  • Marissa Nadler, Sleep Walk (Sacred Bones Records)
  • Mega Bog, Station to Station (Paradise of Bachelors)
  • Sharon Van Etten & Angel Olsen, Like I Used To (Jagjaguwar)
  • Sam Evian, Easy to Love (Fat Possum)
  • Gruff Rhys, Mausoleum Of My Former Self (Rough Trade Records)
  • Boost 3000, Bonjour Madame (Pop Supérette / Modulor)
  • Victor Pavy, Victoriana (Autoprod)
  • Damien Jurado, Song for Langston Birch (Field Painting Music)
  • Gabriel Afathi, Down By The River (IN/EX)
  • Matt Maltese, Mystery (Nettwerk Records)
  • Garçon de Plage, Demain n’est pas si loin (Requiem pour un Twister)
  • Horsey ft. King Krule, Seahorse (Untitled recs)
  • Thousand, La Voiture Ivre (Judah Warsky) (In Silico Records)
  • Freshberry, Sick Times (Autoprod)
  • Helvetia, Rocks on the Ramp (Joyful Noise Recordings)
  • Holiday Ghosts, Total Crisis (Fatcat Records)
  • The Linda Lindas, Racist Sexist Boy (Epitaph Records)
  • Lou Hayter, Telephone (Skint Records)
  • Sons of Kemet feat. Moor Mother, Angel Bat Dawid, Pick Up Your Burning Cross (Impulse! Records)

Section26 website
◆Instgram: @section26
◆Facebook: @mushroomsection26
◆Twitter: @section26_

LA PLAYLIST DES AMIS! Philippe Jaroussky

配信日時:5月28日(金) 15:00

アニエスベーは、アーティストやミュージシャンの友人たちにアニエスベーラジオのためのプレイリストを作ってもらいたいと考えました。
今回はフランス生まれのカウンターテナー歌手のPhilippe Jaroussky(フィリップ・ジャルスキー)のプレイリストをアニエスべーラジオで配信します。

Spotifyのアカウントでも公開中!
ぜひお聴きください。

◆Facebook:@Philippe.Jaroussky
◆Instagram:@philippejaroussky
Académie Musicale Philippe Jaroussky WEBSITE
Philippe Jaroussky オフィシャルサイト

Section 26 pour agnès b. , New playlist

配信日時:5月22日(土) 15:00

Section26による新しいプレイリストをお届けします!
春の雨が続くこの季節を表現するように…、Anikaの陰鬱なボイスや、Veikのシンセティックカール、The Serfsのパンクに満ちた楽曲などが冷たい雨のように響く一方で、Molly Burchの甘いポップ、Kings Of Convenienceの静かなバラード、John Carroll Kirbyの踊るようなグルーヴなどが雨上がりの美しい晴天を奏でるように続きます。

ぜひお聴きください。

<5月のプレイリスト>
01. Crumb, BN (Crumb Records)
02. Tirzah, Send Me (Domino Records)
03. Anika, Finger Pies (Invada Records)
04. N0v3l, Notice Of Foresclosure (Meat Machine Records / Flemish Eye)
05. Veik, Château Guitar (Fuzz Club Records)
06. The Serfs, Dissection (Market Square Records)
07. Set-Top Box, Maxx Headroom (Weather Vane Records / Polaks Records)
08. Nathan Roche, Brocante à Belleville (Gone With The Weed Records)
09. Sports Team, Happy (God’s Own Country) (Universal-Island Records)
10. Spread Joy, Semantic(Feel It Records)
11. Gwendoline, Chevalier Ricard
12. A Trois Sur La Plage, Nuage Nuage (Gone With The Weed Records)
13. Lonelady, (There is) No Logic (Warp Records)
14. Kero Kero Bonito, Well Rested (Polyvinyl Records)
15. Molly Burch, Control (Captured Tracks)
16. Waxahatchee, Streets of Philadelphia (Merge Records)
17. Charlie Martin, Swirl (Grand Jury Music)
18. Current Joys, American Honey (Secretly Canadian)
19. Field Music, Do Me A Favor (Memphis Industries)
20. Kings Of Convenience, Rocky Trail (Virgin Records)
21. Green-House, Find Home (Leaving Records)
22.Charles, Remember Blushing (Babe City Records)
23. Piroshka, Scratching At The Lid (Bella Union)
24. CFCF, Punk Song (autoproduction)
25. Limiñanas, Laurent Garnier, Saul (Berreto Music / Laurent Garnier)
26. Goldfinger, I Broke A Mirror In London (autoproduction)
27. Sven Wunder, Impasto (Mr Bongo)
28. Spellling, Little Deer(Sacred Bones Records)
29. Todd Rundgren, Sparks, Your Fandango (Cleopatra Records)
30. Little Simz, Introvert (Age 101)
31. Villagers, The First Day(Domino Records)
32. Charlotte Cardin, Je Quitte (Parlophone)
33. John Carroll Kirby, Rainmaker (Stones Throw Records)
34. Ross Gay, Mary Lattimore, Burial (Jagjaguwar)

Section26 website
◆Instgram: @section26
◆Facebook: @mushroomsection26
◆Twitter: @section26_

"Nicolas Ker Never Dies" Love Forever from agnès b.

配信日時:5月22日(土) 18:00

アニエスベーの友人であり、いくつかのパレードやOlympiaにあるハウスの演奏を30年間担当していた作曲家のNicolas Ker(ニコラス・カー)氏が今週、この世を去りました。

追悼の意を込め、Pan European Recordingレーベルの創設者であるArthur Peschaud氏が制作したプレイリスト「Nicolas Ker Never Dies」を配信します。

◆Instagram: @poni_hoax / @pan_european_recording
◆Facebook: @PoniHoax / @PanEuropeanRecording
Bandcamp website
Pan European Recordingレーベル ウェブサイト(英)

Intermezzo Uno & Intermezzo Duo

配信日時:5月14日(金) 15:00

Jennifer Cardini(ジェニファー・カーディニ)による新しいレコードレーベル “Dischi Autunno” から5月7日にリリースされたコンピレーションアルバム”Intermezzo Uno” と “Intermezzo Duo”を、アニエスベーラジオで全曲配信します。

インテルメッツォとは、広大な音楽作品の主要部分の間にある楽章を意味します。また“Dischi Autunno”の名は、電子音楽のすべてのセクションの間に黒魔術をかけるレーベル、を意味しています。

今回の作品”Intermezzo Uno” と “Intermezzo Duo”には合計22曲が収録されており、レーベルの広大なレフトフィールド・ネットワークの、知られざるところで急成長を遂げている新しい才能あるアーティストたちが詳細かつ明確にマッピングされています。

ダンスフロアをはるかに超えた存在のダンスミュージックが生み出すダークでセクシーでヘビーなサウンドは、私たちが最も必要とするときに黒魔術を生み出し続けます。

 

◆Instagram : @dischiautunno/
◆Facebook:@
dischiautunno/
LINKTREE
Bandcamp website

HEIMAT "Zwei"

配信日時:5月7日(金) 15:00

Heimatのセカンド・アルバム『Zwei』が、5月7日(金)にTeenage Menopause Records & Cry Babyからリリースされます。アニエスベーラジオでは、この新作アルバムを全曲配信します。

革新的で、時間が経っても古びず何度でも聴きたくなる…、そんなデビューアルバムを世に送ったHeimat。Cheveu(シェヴー)やThe Dreamsを受け継ぎながらも、自分たちの確かなライブ経験を頼りに綿密な研究を重ねて、素晴らしい作品を作り上げています。

新作『Zwei』はプロダクションと広範なマスタリングにより新たな境界を超え、どこにも分類できないような新しいサウンドとなっています。

◆Instagram : @heimatmusic / @teenage_menopause_records / @crybabyyeah
◆Facebook : @HeimatdieMusik / @teenagemenopauserds / @Crybabybandaid
◆Bandcamp website
https://meineheimat.bandcamp.com/
https://teenagemenopause.bandcamp.com/album/zwei

Alan Vega“Mutator”

配信日時:4月23日(金) 15:00

Alan Vega(アラン・ベガ)のニューアルバム「Mutator」が4月23日にSacred Bones Recordsから発売されます。発売を記念してアニエスべー・ラジオで配信します。

彼の名前そのものが、縛られず自由で、精力的なクリエイティビティの代名詞となっているAlan Vega。
1950年代後半ブルックリン・カレッジで美術を学んでいた頃から始まり、スーサイドで演奏していた頃を経て2016年に亡くなるまで、ベガは常に創作活動を続けていました。その過程で、録音時にはすぐには日の目を見なかった楽曲が自然と蓄積され、それが”Vega Vault”(ベガの保管庫)と呼ばれるようになりました。このアルバム「Mutator」は、Sacred Bones RecordsからリリースされるVaultのアーカイブ・シリーズの最初の作品です。

「Mutator」は、1995年から1996年にかけて、Alan Vegaの長年の共同作業者であるLiz Lamereと共にニューヨークのスタジオで録音されたもので、彼の創造的な人生の中でも特に多くの作品を生み出していた時期の記録となっています。彼らの友人であり親友でもあるJared Artaud(The Vacant Lots)が、2019年に生の未ミックスの録音を再発見し、それらをミックスし幻のアルバムへとプロデュースしたものです。

アルバム発売に合わせて、The Jesus and Mary Chainのダグラス・ハートが監督したミュージッククリップも公開されました。

 

◆Alan Vega公式サイト: https://www.alanvega.com/

◆Sacred Bones Records公式サイト: https://www.sacredbonesrecords.com/
◆Modulor Records 公式サイト:https://modulor-records.com/

◆Instagram:@officialalanvega / @sacredbones  / @modulormusic
◆Facebook: officialalanvega /@SacredBones  /  modulormusic
◆Twitter:@ALANVEGAHQ /sacredbones / @modulormusic 

Lisa Li-Lund "Glass of Blood"

先行配信: 417() 15:00
フルアルバム配信: 421() 15:00

フランスとスウェーデンのミュージシャンであるLisa Li-Lund(リサ・リー・ランド)が帰ってきました!ジェフリー・ルイスやカイロ・ギャングのような著名なアーティストと一緒に世界ツアーをしながらアンチフォークの世界で10代を過ごした後、5年ぶりのバンドプロジェクトで戻ってきました。アルバム「Glass Of Blood」が、423日(金)にリリースされます。

アニエスベー ラジオでは、417()15:00からこのアルバムの最初の4曲を先行配信。421()にはフルアルバムで配信予定です。
またアルバムの発売を記念しSpotifyアカウントにて、彼女によるプレイリストを2曲のジングルとともにお届けします。

「Glass Of Blood」はフランスとスウェーデンを行き来しながら作曲・録音されたもので、リサはポップの原点に戻り心の琴線に触れる非の打ち所のないソングライティングで、11曲の中であらゆる感情を表現しています。

ぜひお聴きください。

◆Twitter:@lisalilund
◆Facebook:@lisalilund
◆Instagram:@iamlisalilund / @pan_european_recording
Bandcamp website

Philippe Sarde "César et Rosalie"

配信日時:4月9日(金) 15:00

フィリップ・サルドの名作サウンドトラック『César et Rosalie(邦題:夕なぎ)』がTransversalesより初めて復刻版LPとして発売されました。

モーグ・シンセサイザーとアコースティックな楽器を組み合わせ、バロック音楽と電子音楽を結ぶ魔法の橋のようなスコアです。

今回の復刻版には、オリジナルLPのトラックリストから削除された6つの未発表曲が収録されています。その中には、バカラック・スタイルのMariage 72や、フィリップ・サルド自身が演奏したテーマの美しいピアノ・バージョンが含まれています。また、ロミー・シュナイダーが吹き込んだ「ロザリーの手紙」が収録されています。

ぜひぜひお聴きください!

◆Instagram:@transversales_disques
◆Facebook:@transversalesdisques
Bandcamp website

la playlist des amis! Oxmo Puccino

配信日時:4月5日(月) 15:00

アニエスベーは、アーティストやミュージシャンの友人たちにアニエスベーラジオのためのプレイリストを作ってもらいたいと考えました。
ヒップホップミュージシャンのOxmo Puccino(オキシモ・プッチーノ)のプレイリストを、4月5日(月)午後3時からアニエスべーラジオで配信します。Spotifyのアカウントでも公開中!
ぜひお聴きください。

◆Twitter:@oxmopuccino
◆Facebook:@OxmoPuccinoOfficiel
◆Instagram:@oxmopucchino

 

Section 26 pour agnès b. , New playlist

配信日時:3月26日(金) 15:00

Section26によるこの春最初のアニエスベーラジオのためのセレクションは、いつになく多彩な30作品。
Spiritual Mafia、Freshberry、Dumb Train、Seppukuといった、Selection26らしい無名の新人アーティストの発掘から、Lana Del Rey、JaneWeaver、A Certain Ratio、Gruff Rhys、Aldous Hardingといった有名アーティストの新たな面の探求も。 衝撃的なFloating Points、Pharoah Sanders & TheLondon Symphony Orchestraも忘れてはなりません。花のように明るい複雑なモダン・ポップは何とも言えません…

ぜひお聴きください。

<4月のプレイリスト>

01. Jim McCulloch, When I Mean What I Say (Violette Records)
02. Maxwell Farrington & Le SuperHomard, We, Us the Pharaohs (Talitres)
03. Aldous Harding, Revival – cover Deerhoof (4AD)
04. Marinero, Nuestra Victoria (Hardly Art)
05. Sven Wunder, En Plein Air (Piano Piano)
06. Matt Low, Vert Pomme (Microcultures)
07. Lisa Li-Lund, Two Wheels (Pan European Recordings)
08. Marie Delta, Fleurir (La Souterraine)
09. Special Friend, Ennemi Commun (Howlin’ Banana / Hidden Bay Records)
10. Freshberry, 27 Club (autoproduction)
11. Dumb Train, Magmag (Too Good To Be True)
12. Seppuku, The Office (Si Moiré Disques)
13. The Reds, Pinks & Purples, The Biggest Fan (Slumberland / Tough Love)
14. Jane Weaver, Heartlow (Fire Records)
15. A Certain Ratio, Wonderland (Mute Records)
16. Silk Sonic, Leave the Door Open (Atlantic)
17. Lana del Rey, White Dress (Interscope)
18. Floating Points, Pharoah Sanders & The London Symphony Orchestra, Movement 7 (! K7)
19. Field Music, Not When You’re in Love (Memphis Industries)
20. Sourdure, Nostra Foeira (Murailles Music)
21. Gruff Rhys, Loan Your Loneliness (Rough Trade)
22. Bosco Rogers, Polar Moves (Bleepmachine)
23. The Peacers, Ms. Ela Stanyon’s School of Acting (Drag City)
24. Todd Briefly, The Extensive Waterways of the United Kingdom (Just Step Sideways)
25. Holiday Ghosts, Off Grid (Fatcat Records)
26. Unschooling, Social Chameleon (Howlin’ Banana)
27. Squid, Paddling (Warp)
28. TDA, Présence (Michel Records)
29. Kükens, Conseils (autoproduction)
30. Surprise Barbue, Kabukichō (Zamzamrec)
31. Spiritual Mafia, Lunch (Anti Fade / Ever/Never)
32. The Drin, (I’m) on 75 (Future Shock)
33. Il est Vilaine, Les Mystères de Lorient feat. Narumi Hérisson (Dialect Recordings)
34. Driftmachine, Memories of the Lakeside (Umor Rex)

Section26 website
◆Instgram: @section26_
◆Facebook: @mushroomsection26
◆Twitter: @section26_

Rone "Rone & Friends"

配信日時:3月26日(金) 15:00

フレンチ・エレクトロニカ・アーティストのRone(ローン)による新作アルバム“Rone & Friends”を、全世界リリースとなる本日、15:00からアニエスベーラジオで配信します。

このアルバムのリリースを記念し、Roneはアニエスベーラジオのためにプレイリストを作りました。 アニエスベーラジオのSpotifyアカウントで公開します!

ぜひお聴きください。

Rone 公式サイト
InFiné label 公式サイト
Bandcamp website
◆Facebook : @roneofficial / @infinelabel
◆Instagram : @roneofficial / @infinemusic

The first La Fab playlist by Mark Cohen

配信日時:3月19日(金) 15:00

今週のアニエスベーラジオでは、アニエスベーが昨年2月にパリ13区にオープンした文化複合施設”La Fab.”で現在開催中の展覧会“ Quelques cinéastes et photographes américains représentés par la Galerie du Jour (ギャラリー デュ ジュールが代表するアメリカの映画人と写真家)”の展示アーティストの一人である写真家Mark Cohen(マーク・コーエン)によるプレイリストをお届けします。

“most of these songs i listened to in the darkroom, up until about 1990, Hurricane, in the car…I guess there are fragments of each piece that seem to hold the essence … I have not thought about any picture that goes with music. The music seems to exist in a separate space. It can stimulate calm or excitement. Bob Marley seemed the right pace for printing in c. 1988.  …

これらの曲のほとんどは、1990年頃までは暗室で、ハリケーンや車の中で聴いていました。私の写真作品には、その音楽からのエッセンスが詰まったような断片があるとは思うのですが… 実は音楽に合う写真は考えたことがありません。音楽は別の空間に存在しているようです。音楽は落ち着きか興奮のどちらかを、もたらしえます。ボブ・マーリーは、1988年頃の印刷に適したペースだと思います。

(Mark Cohenによるテキストの一部より)

Section 26 pour agnès b.

Section26は1991年以来、モダンポップを世の中に届けてきたフランスの音楽マガジン。この3年間、Section26チームは日々、そのモダンポップ愛をウェブ上で発信してきました。

そしてSection26チームは、ポップス、ポストパンク、不死身のロック、エレクトロニックなど、新鮮な発見のあるプレイリストをアニエスベーラジオを通じて、毎月一回お届けします。
その記念にアニエスベーラジオは、これまでのWEBラジオに加えて新しくSpotifyアカウントをローンチしました!

ぜひお聴きください!

<3月のプレイリスト>

SECTION26 / TRACKLIST PLAYLIST MARS 2021

1. Rat Columns, Candlelight (Tough Love Records)
2. White Flowers, Daylight (Tough Love Records)
3. Arab Strap, Here Comes Comus! (Rock Action Records)
4. Ski Saigon, It’s Already Tomorrow (Too Good To Be True)
5. Virginia Wing, St. Francis Fountain (Fire Records)
6. Reymour, Le Flot de ces Mots (Knekelhuis)
7. Lael Neale, Blue Vein (Sub Pop)
8. Marina Allen, Oh, Louise (Fire Records)
9. Pi Ja Ma, Bisou (Bleepmachine)
10. Pretty in Pink, Letters (Eternal Soundcheck)
11. Holiday Ghosts, Mr. Herandi (FatCat Records)
12. Ryan Allen, On My Mind (Futureman Records)
13. Dinosaur Jr., I Ran Away (Jagjaguwar)
14. Real Estate, Half a Human (Domino)
15. Spirit of the Beehive, The Server is Immersed (Saddle Creek)
16. Bill Callahan, Bonnie ‘Prince’ Billy, The Wild Kindness (feat. Cassie Berman) (Drag City Records)
17. Whitney K, Late Night (Maple Death Records)
18. Italia 90, Borderline (Brace Yourself Records)
19. Maraudeur, Face/Figure (Autoproduit)
20. Mustang, Pas Cher de la Nuit (Close Harmonie / Prestige Mondial)
21. Dry Cleaning, Strong Feelings (4AD)
22. Cheval Sombre, Sonic Boom, Curtain Grove (Sonic Cathedral Recordings)
23.  Lucy Gooch, Ash and Orange (Fire Records)
24. Maria BC, Devil’s Rain (Fear of Missing Out Records)
25. Cassandra Jenkins, Hard Drive (Ba Da Bing Records)
26. Cathal Coughlan, Owl in the Parlour (Dimple Disc)
27. Nick Cave, Warren Ellis, White Elephant (Goliath Enterprises Limited)
28. Matt Sweeney, Bonnie ‘Prince’ Billy, Hall of Death (Drag City)
29. Veik, Difficult Machinery (Fuzz Club)
30. Tänzmachine II, Kebabträume (autoproduit)
31. Blackmail, Guinée-Bissau (Yuk-Fü Records)
32. Colleen, Gazing at Taurus – Santa Eulalia (Thrill Jockey Records)
33. Tsirihaka Harrivel, Je Tiens (Teenage Menopause)
34. Kero Kero Bonito, The Princess and the Clock (Kero Kero Bonito)
35. Pauline Anna Strom, Tropical Convergence (RVNG Intl.)
36. La Houle, Toi (Ce Moi) (Music From The Masses)
37. Fritz, Pastel (Inertia Music)
38. The Horrors, Lout (Caroline International)
39. Black Dresses, We’ll Figure It Out (blacksquares)
40. Taqbir, Sma3 (autoproduit)

Section26 website
◆Instagram: @section26_
◆Facebook: @mushroomsection26
◆Twitter: @section26_

I:Cube "Cubo live sessions volume 2"

配信日時:3月5日(金) 15:00

フランスのDJであり、エレクトロニックミュージックのプロデューサーのI:Cube(アイ・キューブ)の最新アルバム「Cubo live sessions volume 2」(3月15日(月)にリリース予定)を、アニエスベーラジオで独占公開します。

「トラックを終わらせる方法としての即興演奏、永遠に続く時間の中の瞬間、不変のものとしての特異性:これはI:CubeがCuboのライブセッションのために作り出した幻想であり、ジャムすることも編集することも、彼のマシンと自由に会話することもできます。

この新たに発見された自由は、Versatileの地下室での長年のハードワークを経て、自然な進化を遂げたものです。I:Cubeはひとつの音やループに何日も汗を流しましたが、このライブセッションを通して、I:Cubeがこの世に「完璧」なものはないことに気付いたのです。完璧とは儚い瞬間であり、夢を捉え、多次元の旅から断片を持ち帰ろうとする意志なのだと… (ギルバート・コーエンによるレビューより抜粋)」

Bandcamp website
◆Facebook:@versatilerec
◆Instagram:@versatile_rec
Lien d’écoute Soundcloud

Alan Vega“Mutator”

Alan Vegaのニューアルバム「Mutator」が4月23日にSacred Bones Recordsからリリース。Alan VegaはエレクトロニックプロトパンクデュオSuicideでの作品で知られているアメリカのボーカリストおよびビジュアルアーティストです。
1970年にマーティンレブと非常に影響力のある前衛的なバンドSuicideを共同設立し、生涯にわたって演奏を続けました。

「Mutator」は、1995年から1996年にかけて、Alan Vegaの長年の共同作業者であるLiz Lamereと共にニューヨークのスタジオで録音されたもので、彼の創造的な人生の中でも特に多くの作品を生み出していた時期の記録となっています。彼らの友人であり親友でもあるJared Artaud(The Vacant Lots)が、2019年に生の未ミックスの録音を再発見し、それらをミックスし幻のアルバムへとプロデュースしたものです。

この新作アルバム「Mutador」のファーストシングル「Nike Soldier」が、2月26日(金)午後3時からアニエスベーラジオで配信予定。
ぜひお聴きください。

◆Instagram:@officialalanvega / @modulormusic
◆Facebook: officialalanvega / modulormusic
◆Twitter:@ALANVEGAHQ /@modulormusic
◆alanvega公式サイト: https://www.alanvega.com/
◆modulor-records公式サイト:https://modulor-records.com/

コンピレーションvol3"DES JEUNES GENS MÖDERNES”

配信日時:2月5日(金) 15:00

2008年にagnès b. のギャラリー・デュ・ジュールで開催された展覧会「DES JEUNES GENS MÖDERNES」から12年、キュレーションを務めたJean-François SanzとMarc Collinが70年代後半から80年代前半のフランスのポストパンクとコールドウェーブ・シーンにオマージュを捧げながらコンピレーション・シリーズの第3弾を発表。

 

24曲もの80’sフレンチ・コールドウェイヴ・アーティスト達のレアトラックや未発表曲を収録した「Des jeunes gens mödernes, Vol. 3」は、エレクトロポップ、ミニマルシンセ、エイリアン・アナログ・エレクトロニクスにフォーカスしたセレクトとなっており、豊かで多様性に富んだ革新的な音楽の時代をレトロフューチャーなサウンドで旅することを提案します。

François de Roubaix “Les Secrets de la Mer Rouge”

配信日時:1月29日(金) 15:00

有名な作家で探検家のアンリ・ド・モンフレイが中東を旅するフランスのTVシリーズ「レ・セクレツ・ド・ラ・メル・ルージュ(Les secrets de la Mer Rouge)」の、フランソワ・ド・ルーベにより手がけられたスコア。オリジナル放送時(1967)のテーマと、1975年に再放送されたときのテーマを2回分収録しています。

1967年のサウンドトラックでフランソワ・ド・ルーベは、さまざまなフルート、巻き貝、チェレスタやクリスタルの木琴などの予想もしないような楽器を使用して海のシーンを表現。1967年と1975年とを聴き比べると、1975年までに電子技術が劇的に発展したことがよくわかります。1975年のスコアでは新しく作曲し新旧のサウンドをミックス、EMSVCS3シンセサイザーとアコースティック楽器を絶妙に組み合わせています。

フィクション、人生、音楽の境界線がないフランソワ・ド・ルーベによる、彼の大海原への愛が伝わるフルスコアとなっています。

◆Facebook:@transversalesdisques
◆Instagram:
@transversales_disques
Bandcamp website

Kurt Vile “Speed, Sounds, Lonely KV”

配信日時:1月22日(金) 3:00

米フィラデルフィア出身のシンガーソングライターKurt Vileによる新作アルバム「Speed, Sounds, Lonely KV」がマタドールレコードからリリース。

本作はテネシー州ナッシュビルのThe Butcher Shoppeスタジオで4年間に渡って行われた散発的なセッションをまとめたもので、故ジョン・プラインはじめナッシュビルのヒーロー達からダン・オーバック、マット・スウィーニーなど、新旧のアメリカ音楽のアーティスト達が集結した歴史的作品となっています。

この新作アルバムを、1月22日(金) 午後3時からアニエスベー・ラジオで全曲配信予定。ぜひお聴きください。

◆Instagram:@kurtvilehttps
◆Instagram:
@matadorrecords
◆Instagram:
@beggarsfrance

MUSIC ON HOLD “30 minutes of... ”

配信日時:1月15日(金) 15:00

チーフソングライターのエミール・カルトロン=エルディンによる、ベッドルーム・ポップの雰囲気を醸し出しながらもお茶目なLo-Fiスタイルの10曲。

MUSIC ON HOLDによるLP “30 minutes of…”は、1月15日(金) 午後3時からアニエスベーラジオで配信予定。ぜひお聴きください。

◆Instagram:@musiconhold4ever
◆Instagram:@bornbadrecords
Bandcamp website

EMMANUELLE PARRENIN/DETLEF WEINRICH “Jours De Grève LP”

配信日時:1月8日(金) 18:00

アニエスベーは、2021年1月15日(金)にヴァーサイタイル・レコード(Versatile Records)からリリースされる、フランスのシンガーであるエマニュエル・パルレニンとドイツのプロデューサーであるデトレフ・ヴァインリッヒ(EMMANUELLE PARRENIN/DETLEF WEINRICH)のアルバム 『Jours De Grève』のパートナーになります。

70年代のフレンチフォークのミューズであり魂を磨き続ける偉大なエマニュエル・パレルニンと、デュッセルドルフのミニマリズムの魔術師であるデトレフ・ヴァインリッヒが結びついたこのレコードは、2019年のストライキウィーク中にパリのバーサタイル・スタジオで録音されたロックダウン・セッションです。様式的なカテゴライズを避けた原始的で衝動的な楽曲は、メディアから高い評価を得ています。

この新作アルバムを、1月8日(金)午後6時からアニエスベーラジオで全曲配信予定。ぜひお聴きください。

◆Instagram:@lowtrax
◆Instagram:@versatile_rec
Bandcamp website

Parquet Courts “Live at Third Man Records”

配信日時:12月10日(木) 18:00

2014年6月5日に“Third Man’s Blue Room”にて行われたParquet Courtsの熱気溢れるパフォーマンス。
絶賛されたアルバム「Sunbathing Animal」や2013年のEP「Tally All The Things That You Broke」からのダイナミックな選曲が含まれたセットリストを、12月10日(木) 午後6時からアニエスベーラジオで配信予定。ぜひお聴きください。

◆Instagram:@parquetcourts
◆Parquet Courts公式サイト:  https://parquet-courts.com/

Mansfield Tya “Auf Wiedersehen”

配信日時:12月4日(金) 14:00

アニエスベーは2021年2月にWARRIORECORDSからリリースされるMansfield Tyaの5thアルバム “Monument Ordinaire “のパートナーになります!
彼らのファーストシングル “Auf Wiedersehen “は、12月4日(金)午後2時からアニエスベーラジオで配信予定。ぜひお聴きください。

◆Instagram:@mansfield.tya / @Rebekawarrior
◆Facebook: Mansfield.TYAofficial /  WARRIORECORDS
◆WARRIORECORDS公式サイト: https://www.warriorecords.com/

Star Feminine Band “Femme Africaine”

配信日時:11月20日(金) 18:00

ベナンの辺境の地からやってきた若い女の子たちのグループが、息を呑むような新鮮さと創意工夫とエネルギーで、ガレージ・ロックの世界を揺さぶり、正確に、ラウドに、そしてクリアに演奏します。

◆Instagram:@starfeminineband / @bornbadrecords
◆Facebook:Star Féminine Band / BORN BAD RECORDS
◆VIDEO:
FEMME AFRICAINE
REW BE ME
PEBA
TEASER DOCUMENTAIRE

Domenique Dumont “People on Sunday”

配信日時:11月13日(金) 14:00

Domenique Dumont(ドミニック・デュモン)のニューアルバム『People on Sunday』が11月13日(金)にLeaf Label(リーフ・レーベル)よりリリースされます。リーフ・レーベルは、Caribou(カリブー)とThe Comet is Coming(コメット・イズ・カミング)を発掘したレーベルです。

『People on Sunday』は、1930年に製作されたサイレント映画『Menschen am Sonntag』( 英:「 People On Sunday」日:「日曜日の人々」)のサウンドトラックです。Billy Wilder(ビリー・ワイルダー)の脚本を元に製作されたこの作品は、両大戦間のドイツ映画の中でも重要な作品です。

 

◆Video:

 

◆Leaf Label ウェブサイト: http://www.theleaflabel.com/en/news
◆Domenique Dumont ウェブサイト:
https://domeniquedumont.bandcamp.com/
◆Leaf Label Instagramアカウント :@theleaflabel

Low Bat “E.N.M. steht für Endlich Normale Menschen”

配信日時:11月6日(金) 18:00

Low Batがキュレートしたコンピレーションアルバム、イヤー・クリップ・シリーズ第二弾『 E.N.M. steht für Endlich Normale Menschen』(E.N.M.は「結局はまともな人たち」の意味)を配信します。
Low Batのコンピレーションである2枚組の作品は、粘液質と音楽狂が交錯する中での、友情と出会いの集大成と言えます。

This Is The Kit “Off Off On”

配信日時:2020年10月23日(金) 14:00

Rough Trade(ラフ・トレード)からリリースされるTHIS IS THE KITのアルバム『Off Off On』をアニエスベー ・ラジオで配信します。

Josh Kaufman(ジョシュ・コーフマン)がプロデュースしたこのアルバムには、Rozi Plain(ロズィ・プレイン)(ベース/ボーカル)、Neil Smith(ニール・スミス)(ギター)、Jesse D. Vernon(ジェシーD・ヴェロン)(ギター、キーボード)、そして、Jamie Whitby-Coles(ジェイミー・ウィットビー=コール)(ドラム)らが参加しています。

 

◆THIS IS THE KIT ウェブサイト:  https://linktr.ee/thisisthekit
◆THIS IS THE KIT Instagramアカウント : @thisisthekit
◆Rough Trade Instagramアカウント : @roughtraderecords