earth b-news b extern-shop bag menu-separator account mail menu search drawed-ironic-point_1 arrow-right contact drawed-b drawed-heart drawed-lightning drawed-lizard drawed-message-happy reassurance-delivery reassurance-qa reassurance-returns reassurance-secure-payment facebook hashtag instagram long-arrow-right star twitter arrow-down arrow-event arrow-social cross

お客さまの利便性向上と当サイトのサービス向上のため、独自および第三者のクッキー (Cookie) を使用し、サイトの閲覧状況を分析しています。閲覧を続ける場合、お客さまがその使用を承諾したとみなされます。 なお、詳細につきましてはこちらよりご覧いただけます。

Agnès b.

0 検索結果

閉じる

Sustainablity - TARA

タラ号プロジェクトは、アニエスベーフランス本社のCEOであり、Tara Océan財団共同創設者兼会長であるエティエンヌ・ブルゴワが、アニエスベーと共に支援しているプロジェクトです。二人は2003年、科学的、環境保護的ミッションを遂行するためにスクーナー船タラ号を購入しました。科学探査船タラ号は世界中を航海し、海が直面する環境的脅威や気候変化の影響を調査しています。

「私の愛するタラ号!

そう、このスクーナー船は、出会ってからずっと、私にとってかけがえのないもの。とても美しくて、とてもシンプル!船にあるものは全て無駄がなく美しいのです。タラ号の冒険や挑戦的な熱意を誇らしく、そして勇ましく思います。」

アニエスベー

Tara Océan財団

Tara Océan財団(タラ オセアン財団)は、2003年より海洋環境問題を専門の科学者とともに調査する海洋科学探査船タラ号で気候変動と環境破壊が海洋にもたらす影響を研究しています。

これまでに北極、南極、太平洋、地中海などで温暖化、プランクトン、サンゴ礁、マイクロプラスチックなどをテーマとして12の探査プロジェクトを施行。世界60カ国、45km以上を航海し、75の協力研究所や協力研究機関と共に21の科学研究分野にわたり、8万以上のサンプル採取や貴重なデータを収集しました。 

日本国内にも2017年と2018年に、サンゴ礁を広範囲に網羅的に調べるタラ号太平洋プロジェクトの際、合計で約2ヶ月間寄港。小笠原諸島、福岡、尾道、神戸、名古屋、横浜、東京、下田、高知、沖縄などで海洋環境の講演やワークショップを数多く実施しました。

特に、2018年には香川県の三豊市に4日間滞在し市内の小学生全員を船に招待してワークショップを行い、未来を担う子供達への海洋環境教育に貢献しました。

2019年には、海洋環境問題を考えるワークショップと常設展示を行う拠点を瀬戸内海の粟島に作るため、香川県三豊市と連携協定を締結。日本におけるTara Océan財団の活動にも益々期待ができます。

 

海洋の未来を人類の未来と考え、今後直面することになる環境破壊の影響をさらに詳しく知ることは社会貢献に通じます。

そして、この現状を多くの人々に伝えるためにタラ号のクルーにはアーティストが乗船し、科学者が調べて解明して発信できることとは別に、アーティストでないと感じることができない海の状態、様子など、実際に海で体験したことを作品にして発表しています。芸術と科学の融合により未来を創り上げていくことは、アートにしかできない社会的な課題に対する問いかけが生まれるとともに、社会における新たなアートの役割、21世紀の社会に必要なアートの使命を提示し、22世紀へとつなぐためのプロジェクトといえます。

これは日本各地を旅し、人々の幸せを願いながら、説法だけでなく仏像を制作することを通して願いを発信し続けた円空の生き方にも通じています。

History of TARA

2003 | アニエスベーと、息子のエティエンヌ・ブルゴワが、海洋環境の脆弱性や重要性について研究し啓発する目的のために、フランスでタラ号海洋探査プロジェクトを発足。 

これまでに遂行している12の科学探査プロジェクトの中でも、こちらが特に重要なプロジェクトです。

2006-2008 |「タラ号 北極プロジェクト」ナンセンのフラム号遠征の113年後に、507日間にわたり北極海の氷上2600kmを漂流。国際極年というタイミングでもあった。

2009-2013 |「タラ号 海洋プロジェクト」過去最大規模のプランクトン生態系の調査と、地球規模の気候システムの中での役割を研究。100,000個の新種の海洋微生物の発見や、15千万以上の遺伝子発見につながった。

2014 |「タラ号 地中海プロジェクト」世界でも高密度なマイクロプラスチック汚染海域の一つである地中海で、7ヶ月の調査及び、その海洋生態系に与える影響の研究。

2016-2018 |「タラ号 太平洋プロジェクト」アジア太平洋地域にてサンゴ礁の大規模調査。気候変動に対するサンゴ礁の耐性について研究。日本へも2017年と2018年、寄港し合計で約2ヶ月間滞在。

2019 「タラ号 マイクロプラスチック ミッション」海から陸へ。20195月より6ヶ月間、ヨーロッパの主要10河川を中心に、海洋プラスチックごみの発生源と、その影響を探査。

201993日 | Tara Océan財団 日本事務局であるTARA JAPAN と香川県三豊市が、環境教育と啓発活動の推進のために連携協定を締結。瀬戸内国際芸術祭2019秋会期に、粟島でTARA展を共催した。

2020 |「第10回円空大賞受賞・展示」岐阜県美術館で行われた円空大賞展で、タラ号の活動記録や、関連アーティストの作品が展示された。

2020129日 Tara-Jambio マイクロプラスチック共同調査 ミッションを発表。全国の大学に所属する臨海実験所のネットワーク JAMBIO (マリンバイオ共同推進機構)と協力し、日本沿岸のマイクロプラスチックの調査を、20204月から始める。今回、タラ号は使用せず、臨海実験所の調査船を使用。

 

KIDS WORKSHOPS

la famille agnès b. (親子で楽しむアニエスベー) では、地球や海洋環境を守るために子供たちにも出来ることを考え、行動できるようになってほしいという願いをこめて企画を実施してきました。

2019年 アニエスベーショップにて「陸上のタラ号乗組員になろう!」をテーマに、科学探査船タラ号にまつわるワークショップを開催。ゲスト講師を招き、タラ号の活動をビデオで見ながら3R(Reduce,Reuse,Recycle)のために何ができるか子供たちに考えてもらい、そのアイディアを紙に書き、タラ号のポスターを全員で完成させました。

2020年327610 オンラインで親子で参加する投稿コンクール「タラ号ポスターコンクール」を実施。優秀賞はタラ号のサポーターで現代美術家の日比野克彦氏に選考いただきました。

TARA Products

アニエスベーでは、科学探査船タラ号とのコラボレーション商品を販売しています。

タラ号のシンボルカラーを配したり、ワッペンを施したり。ファッションを通じて、世界中の海が直面する環境的脅威や、気候変動による影響を考えるきっかけに。

商品の売上金は、アニエスベーの海洋保護活動の一環として、Tara Océan 財団の日本での活動を支援するため、一般社団法人TARA JAPANに全額寄付されます。

TARA SNEAKERS LIMITED EDITION

このスニーカーは、2013年から2019年まで、タラ号の科学探査を支え130,000 Km を航海したメインセイル(主帆)をリサイクルし、150足限定で製作されました。

ポルトガルのポルトにある小さな家族経営の工場で生産されましたが、この工場は、EU基準に則った公正な労働条件を保証し、ISO14000規格(環境管理の国際規格)も取得しています。軽量で、防水性、耐久性に富み、高品質で、”持続可能性”の高いスニーカーでもあります。何度も海を渡っている帆を使用しているため、科学探査の痕跡を示す”傷”もあるこのスニーカーは、Tara Océan 財団のフランスのECサイトにて購入可能です。

こどもタラ新聞

アニエスベーとTara Océan財団では、タラ号の活動や海の環境問題をより理解してもらえるよう「こどもタラ新聞」を観閲、ダウンロードできるサイトを準備しております。

より多くの子供たちに楽しみながら気候変動や、海洋環境問題について知ってもらい、これらは自分たちに直接関わりのある問題でもあり解決のために子供たちにも出来る事があること、行動する事の大切さを理解してもらいたいと考えます。