ヒストリー

繊細でありながらシックでカジュアルなスタイルを生み出し続けているアニエスベーは、「心境を表現するスタイル」をパリジャンたちに定着させる立役者となりました。
「私にとって服は、その人に合うかどうかというフィーリングがすべてで、表現手段の1つに過ぎないのです。誰かをいい気分にしたり、魅力を感じてもらったり、より良くすることができれば嬉しいです。」

1973年、アニエスベーはブランド名を登録しました。このブランド名の背景となるエピソードは60年代に遡ります。当時『ELLE』で働いていた彼女は、書いた記事に署名をする必要がありました。「準備していなかったのです。[中略]だからこう言いました、「アニエスベー(agnèsb.)とだけ書いておいて」と。ライターのフルネームを使わないときは、記事の署名はそのように記載することになっていて、その時自分の手書きのサインからロゴを考案したのです。」

1975 1号店のオープン!

「私は長い間、その時々のトレンドではなく、とてもシンプルな服、そしてそれらと組み合わせるいくつかの女性らしい服を見せる場所が欲しかったのです。私はシンプルで、少し粗野な素材、それに着心地のよい素材が大好きです」

アニエスベーは最初のショップをパリのレアール地区にある古い肉屋を全面改装して開業しました。その地区は当時急激に発展している最中でした。この1号店は、オフィスやアトリエとしてだけでなく、表現の場、あるいは出会いの場としても使われました。壁には、グラフィティや、様々なポスターが貼られ、鳥が自由に飛び回り、座って会話を楽しみ、音楽を聴くことができる場所でした。

1979 カーディガンプレッション誕生

「私は毎日のように着ていたスウェットシャツをもっと実用的にしたいと思って、大きなハサミで切ってみたのです。何かを創り出しているなんて気が付きもせずにね!」

1980 ニューヨークへの出店

ニューヨークの最初のショップは、ソーホーのプリンス・ストリート116番地にオープンしました。当時はまだ工業地区だったこの地区は、70年代のパリのレアールと同じように変化している最中でした。「パリのジュール通りに店を開いた時と同じように、自分たちが開拓者になった気分でした」アニエスベーのパリらしさの溢れるコレクションは、すぐにアメリカのジャーナリストたちの関心を集めました。

1981 AGNÈS B. ENFANT第1号店

「私はいつも、大人と子供、2つの世界の間にいるのです」アニエスベーは子供服のラインを立ち上げ、パリのジュール通り2番地にagnès b. ENFANT (アニエスベー アンファン) の最初のショップをオープンしました。

1981 AGNÈS B. HOMME第1号店

パリのジュール通り3番地にメンズ服のライン、agnès b. HOMME (アニエスベー オム) の最初のショップをオープンしました。

1984 ギャラリー デュ ジュール オープン

「私は自分の好きなものを見せるギャラリーを作りたかったのです。ギャラリーと呼んでいるけれど、ペインティング、彫刻、写真、物事の色々な側面を見せるための場所、といえるのではないかしら。同時に毎回、下絵、ステンシル、スクリーンプリント、版画など、イメージを拡散する新しい方法を考え出して、皆がそれを手にできるようにしたいと思っています。またギャラリー主催の展覧会も行います。場所はまだきれいではないし、肉屋の面影が残っていますが、人々がまた来たいと思って集まる活気のある場所になればと思っています。」

1984年のオープン以来、ギャラリー デュ ジュールは現代アートギャラリーとして多くのアーティストの作品を紹介してきました。

1984 日本への出店

アニエスベーのコレクションは日本人に愛され、またたく間に評判になりました。『東京のアニエスの家』、と名付けられた青山店はいつも多くの人で賑わっていました。

1986 写真集『(写真家たちとプレッション・ボタン・カーディガン)』

1986年、アニエスベーはジャン=バティスト・モンディノ、ジル・ベンシモン、ドミニク・イッセルマン、ジャンルー・シーフなど64名の写真家を選び、カーディガンプレッションを撮影。それらの写真は同年にギャラリー デュ ジュールにて展示され、写真集『Des photographes et le cardigan pression』(写真家たちとプレッション・ボタン・カーディガン) としても出版されました。

1987 ロンドン初のショップがフルハムロードにオープン

1993 バッグとレザー製品のライン、
agnès b. VOYAGE (アニエスベー ボヤージュ)が誕生

1993年、アニエスベーはバッグのラインをローンチ。端正なラインと美しい素材を使用し、毎シーズン、レディースとメンズのコレクションを展開しています。

1993年 サラエボハート

1993年、サラエボ包囲が始まって間もなく、アニエスベーがハートのモチーフをデザインしました。それから20年以上を経る中で、そのハートのピンバッジはアニエスベー全店で販売され、売上金はサラエボ市民の食料や薬を送っていた「プルミエール・ユルジャンス」という団体へと寄付されました。現在、アニエスベー財団・基金は「サラエボハート」コレクションの売上収益を、「WARM財団」へ寄付しています。この団体は、サラエボ包囲の際にサラエボ市の守備を請け負っていたディヴィアック将軍によって設立され、サラエボ戦争によって孤児となったり、後遺症に苦しんだりしている子供たちが学校や大学に復学し、教育や余暇の活動に参加できるよう支援を行っています。

1995 コンドームの無料配布

エイズ予防啓発運動の一貫として、アニエスベーショップにてコンドームの無料配布を開始しました。

1995 香港への進出

1996 ポンピドゥーセンターで『Des photographes et le cardigan pression』 (写真家たちとプレッション・ボタン・カーディガン) 展を開催

1997 『ポワンディロニー』

「私のアートへの愛情からポワンディロニーという冒険が始まりました。発行部数は毎号10万から30万部で、可能な限り多くの人の手に渡るように、世界中のギャラリー、美術館、カフェ、学校、映画館、アニエスベーショップで配布されています。電子化の時代に敢えて、触り、読み、額装したり、集めて保存したりすることができる紙の作品を提供するというのがアイディアのもとでした。」

ポワンディロニーは年に約4回のペースで発行され、アニエスベーとハンス=ウルリッヒ・オブリストがアーティストを招待し自由に作品を展開しています。ポワンディロニーという名前は、19世紀の終わりにフランス人作家のアルカンテール・ド・ブラームによって考案され、文書の皮肉めいた内容を指し示すために (感嘆符や疑問符と同様に) フレーズの最後に使われる記号に由来しています。

1999  SPORT b. ローンチ

ノースリーブや袖の付いたフード付きのコットンジャージのTシャツや、メルトン素材のスウェット、小物など・・・気軽に着ることができ、着心地の良いスポーツ用のアイテムが揃います。

アニエスベーのフォトコレクション展、フランス国立写真センター(CNP)にて開催

2003 香港アートセンター内にアニエスベー シネマ創設

2003 タラ財団設立

タラ財団は2003年に設立されたフランスの非営利団体で環境保護のために活動しています。非常に過酷な状況にも耐えうる科学探査船タラ号は、高度な科学調査・研究のプラットフォームとなっています。

2004 トゥールーズのレザバトワール美術館にてアニエスベー プライベート現代アートコレクション展開催

2006 VEJAとのコラボレーション

シューズブランド、Veja (ヴェジャ) とその創業2年目からコラボレーションをスタート。アニエスベーはエシカルであること、こだわりのデザインと素材、色に非常に魅力を感じています。

2006 パリのオランピアでブランド創立30周年記念イベント開催

アニエスベーブランドの創立30周年を記念して、パリのオランピア劇場で大規模なファッションショーとライブを開催。ライブにはアニエスベーと親交の深いパティ・スミスも参加しました。音楽に情熱を燃やすパティ・スミスは、アニエスベーにとって「若者たちにとって生きる神話であり、彼らのファッションに強い影響を与える存在」です。

2009 アニエス・トゥルブレ、通称アニエスベー財団設立

2009年に設立されたこの財団は、社会の不公平なことに対する闘いや環境保護に対するアニエスベーの深いコミットメントを実践する使命を担うと同時に、文化や創造に対する継続的な支援も行っています。

2009 To b. by agnès b.のローンチ

To b. by agnès b. (トゥービー バイ アニエスベー) は、アニエスベーが愛する若い女性たちに向けて作ったライン。アニエスベーは彼女たちのために服をデザインするのが大好きです。

「自分がその年齢だったら着たいと思うものを想像するの」

2011 DIMとのコラボレーション

アンダーウェアブランド、DIMと共同でレディースとメンズのアンダーウェアを展開しました。

2014 映画『わたしの名前は・・・』公開

アニエス・トゥルブレ、通称アニエスベーの初の映画監督作品『わたしの名前は・・・』はフィクション映画で、ダグラス・ゴードン、ルー=レリア・デュメールリアック、シルビー・テステュー、ジャック・ボナフェ、マリー=クリスティーヌ・バロー、ジャン=ピエール・カルフォンらが出演。フランスを始め各国で公開され、世界中の素晴らしい映画祭にノミネートされました。

2014  シンガーJAINへの衣装提供

シンガーのJAIN (ジェイン) は、楽曲『Come』のクリップでアニエスベーの象徴的なルックスの1つである小さな丸襟のついた黒と白のワンピースを着用。以来、アニエスベーは定期的にジェインに衣装提供を行っています。

2015 LAM (リール・メトロポール現代美術館)での展示

アニエスベーのコンテンポラリーアート・コレクションがLAM (リール・メトロポール現代美術館) にて展示されました。

2016 『VIVRE !!』展

国立移民史博物館にてアニエスベーの現代アートコレクション展『VIVRE !!』が開催されました。

ブランド創立 40 周年を記念し書籍『agnès b. STYLISTE (アニエスベー スティリスト)』が発売

2016 ヴェルサイユに新店をオープン

2016 40周年!

アニエスベーの創立40周年を記念して、パレ・ド・トーキョーでファッションショーを開催。ブランドのDNAを呼び起こすルックスがランウェイを飾りました。

2017 アニエスベーのアートコレクションから400点以上の作品を、アヴィニョンのCollection Lambert(ランベール・コレクション)にて展示

2018 書籍『Les années agnès b.』(アニエスベー時代/ミリアム・ ショパン、オリヴィエ・ファロン著)発売

書籍『Les années agnès b.』では、アニエスベーがこれまで辿ってきた、ユニークかつ前例のない軌跡を通して、ここ50年間のフランスにおける知的文化活動やアートの歴史を追体験することができます。

2019 『ファム・ファタール』、ファッションにおける強い女性

2018年11月17日から2019年3月24日まで、デン・ハーグ市美術館(オランダ)で、『ファム・ファタール』展が開催され、ワークウエアをテーマにしたアニエスベーのルックスが展示されました。他には、ジャンヌ・ランバン、ガブリエル・シャネル、川久保玲、フィービー・ファイロ、マリア・グラツィア・キウリなどの女性デザイナーのルックスが紹介されました。本展はアントワープのモードミュージアム(Momu)に巡回予定です。

2019 パリ、シャイヨー通り1番地2号のショップオープン

旧郵便局、通称PTT34の建物に新しくアニエスベーショップがオープン。ここは、ガリエア美術館の真向かい、そしてピエール・プルミエ=ド・セルビー通りにあった旧アニエスベーショップのすぐ近くにあり、広く明るい店内でレディースとメンズのコレクションを展開しています。

2019 アニエスベー・ローズ

NGO団体のヒューマン・ライツ・ウォッチのチャリティオークションで、アニエスベーはローザ・ユニカより、薔薇に自分の名前をつける権利を購入しました。それがアニエスベー・ローズ誕生の由来となりました。明るいグリーンの生き生きとした枝葉を持つこの薔薇の色は、光と温度によって変化し、他にも特筆すべき特徴として、とても珍しい檸檬のような芳香を醸します。この苗木はフランスのアニエスベーフロリストのショップで販売されます。アニエスベーは薔薇をプリントしたTシャツとシルクのスカーフをもデザインし、それらのアニエスベー・ローズの苗木による収益の一部は、ヒューマン・ライツ・ウォッチに寄付されます。この団体は世界指折りの国際的な人権保護団体で、尊厳と正義と平等のために90か国以上で調査を行い、あらゆる虐待行為に対して警鐘を鳴らしています。

2019 書籍『Le cardigan pression』(カーディガン・プレッション)発売

カーディガンプレッション誕生から40周年を記念して、その歴史を遡る書籍『Le cardigan pression』(カーディガン・プレッション)が出版社Editions Assoulineより2019年9月に発売されました。文章は『L’Obs』誌のファッション批評家でもあるジャーナリストのソフィー・フォンタネルによって書かれました。

2019 カーディガンプレッション40周年!

ブランドを象徴するカーディガンプレッションの誕生40周年を記念して、アニエスベーの依頼を受けた60名あまりの写真家とアーティストたちがカーディガンプレッションについての解釈を自由に表現しました。現代アートシーンで活躍中の若いアーティストたちや、著名なアーティストたちが、カーディガンプレッションを主題に、40X60cmのサイズで作品を制作しました。展覧会『PHOTOGRAPHERS … ARTISTS AND THE SNAP CARDIGAN』(写真家たち・・・アーティストとカーディガンプレッション)は2019年9月24日から10月19日まで、パリのデュー通り19番地にあるアニエスベー本社にて開催されました。この展覧会は、ギャラリー デュ ジュールがオープンして2年目の1986年に、パリ写真月間の一環として開催されたカーディガンプレッションの初の展覧会の流れを汲んでいます。

2019 書籍『Je chemine avec...』と『Je crois en l'âme...』の発売

2019年、アニエスベーについて2冊の本が出版されました。『Je chemine avec… (I walk with…)』(私は・・・と共に歩む)は出版社Seuil editionsより発売されました。ソフィー・ルイリエールによるインタビューを通じて、アニエスベーは若者たちに語りかけ、これまで挑戦や達成したこと、出会い、仕事や生命力の源などについて想いを馳せています。出版社Bayard editionsより発売された『Je crois en l’âme…(I believe in the soul…)』(ソウルを信じて・・・)でアニエスベーは、自身のスピリチュアルな軌跡と様々な分野でのコミットメント、そしてサポートしているアートやアーティストへの愛について語っています。

2019 東京、渋谷にアニエスベーの新しいコンセプトストアがオープン!

全3フロアからなるショップ内では、レディース、メンズ、バッグと皮小物、スペシャルコラボレーションや限定商品を展開し、カフェも併設されています。金曜日のDJナイト、アーティストのパフォーマンス、特別商品のポップアップ、映画週間、そして毎月第2土曜日のカスタマイズサービスなど、アニエスベー 渋谷店では数々の特別なイベントが開催されます。

2020 La Fab.(ラ ファブ) オープン

2020年 パリ13区のジェローム・クメ区長に初めて出会い、アニエスベーは、開発が進むこのエリアに、すべてを集結させる場所、La Fab.(ラ ファブ) を作ることを決めました。パリのSOA建設事務所のオーギュスタン・ローゼンスティールが設計したこの新築ビルには、公営住宅も併設されています。アニエスベーはここで、5000作品以上に上る個人アートコレクションの展示を行ないます。1400平米のスペースの中に、ギャラリーデュジュール、ブックストア、リブレリー デュ ジュールも移設しました。アニエスベーのチャリティ活動や社会貢献活動の情報や、2003年からサポートしているタラ オセアン財団についての最新情報も発信しています。

La Fab.
1 place Jean-Michel Basquiat
75013 Paris

  • 新規入会で500Pプレゼント

    新規入会で500Pプレゼント

    店舗とオンラインショップで使える
    ポイントサービス

    詳細を見る
  • ギフトラッピング

    ギフトラッピング

    517円(税込)にて承ります
    メッセージカードも添えられます

    詳細を見る
  • 配送料無料

    配送料無料

    33,000円(税込)以上ご購入で送料無料
    1週間以内にお届けします

    詳細を見る
  • eco梱包eco梱包

    ECO梱包

    サステナブルな梱包資材でお届けします

    詳細を見る